FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Category: 山形・情景  

◇ 「駅ですがなあ。」、、、他愛のなシーン、「北余目駅」

JR羽越本線「北余目駅」、下り列車到着

山形県JR羽越本線「北余目駅」を撮っていると列車が到着した。

北余目駅旧国鉄色気動車到着

僕は思わず「あらま!」と声をだした。無くなってきてる旧国鉄カラー、、、、それもディーゼル気動車である。
今も同じくディーゼル気動車で新型車両は走っているが、僕的には”撮ろう”とは感じさせないくらい新しく面白みない車体なのである。

旧国鉄色気動車到着



酒田行到着

乗客が、ホームに一歩足を下ろした瞬間を撮ろうと思っていたが、残念ながら誰も降りなかった。

北余目の長いホーム

「北余目駅」はシンプルで何もない駅だけにホームがより長く感じられる、だいたいがホームの出入口というか上がり階段がホームの端にある。
その為か、駅撮りでホームを歩くと端から端、往復歩く。それも上り下りホームなのでと2往復するのでその長さを感じないではいられない。

北余目駅下りホーム

運転手の指差し確認しながら発車で、一瞬のシーンが終わり、「あっという間」瞬間だった。

気動車の車輪

「あっという間。」で撮り足りなさを感じ、ついついカメラで車輪を追ってしまった。

JR羽越本線北余目

「北余目駅」は駅は上り、下りと長いストレートのホームだけのような駅なのだが、僕はこういう駅が好き。
周囲は田んぼである、送り迎えなのでの車の停め場所もないようなもの、あることはあるが昼間なら問題ないだろうが、夜だったら運転に
自信のない人には無理かもしれない、田んぼの作業用の道で正に軽トラが似合いそうな道である(笑)
それゆえに周囲を田んぼに囲まれ、そこにデーンと長々とホームが横たふ光景、存在感の僕はそそられるのである。
関連記事

Newer Entry◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR磐越西線福島県「広田駅」

Older Entry◇ 「駅ですがなあ。」、、、会津鉄道「大川ダム公園駅」

 

Comments
Edit
ノスタルジックな色ですね
1,2枚目 そして車輪
私の少年時代の記憶にあるような光景です
ありがとうございました
EditRe: vividさん こんばんは
国鉄色なんて言われても、今の若い人は意味がわからんのかも、、、僕もですが ( *´艸`)
実はわが父は、列車を造っていましたが、車体は何を作っていたのか?
ひょっとしてこれかも と思うと、愛着の度合いが違ってきます。
ちなみに父はまだ健在ですが、何を作っていたのか話までは難しいです。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >