FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 「駅ですがなあ。」、、、、飯山線「下条」駅

飯山線下条駅の大地の芸術祭作品

十日町市の「大地の芸術祭」の作品が、ここ飯山線「下条駅」前にある。

飯山線下条駅



何でしょう、芸術って?

とはいえ「何ですかあ?芸術とは何でしょう?」と思う、映画の「グレイテスト・ショーマン」のモデルなったP・T・バーナムなった言葉で、
「最も崇高な芸術とは、人を幸せにすることだ。」と云う、なるほど見ていて何やら気持ち良くなるってわかる、逆に云えば不快したら芸術ではない。

越後川口行き到着

キハ100系ディーゼル気動車、越後川口行き到着、飯山線は電化されていなので走るのディーゼル気動車なので当然駅風景に電線がない。

飯山線下条駅

JR飯山線の駅の待合室、待合所の椅子は、だいたいこのタイプで統一されている。山を走る路線=森林、間伐材再利用って事か。

飯山線下条駅

僕的には出来たら駅舎を正面から撮りたいのだが、ワンボックスカーが止まっていた、越後川口行きからの降りてくる乗客のお迎えと
思ったが、列車が行っても止まっていた、「動いて~」だったが、僕は負け駅舎を斜めから撮ったり、至近距離から撮ったり、これも駅撮りの宿命。

飯山線下条駅のホーム風景

ここ飯山線「下条駅」の隣が「魚沼中条駅」になるが、そこでは笹山遺跡あり、縄文式の火炎土器が発掘され、出土品は国宝指定なり、
十日町博物館で見ることができる、新潟県唯一の国宝である。
ここから見る向こうには縄文時代から人が住んでいたという事になる。と簡単に書くが駅舎の屋根の鋭角な屋根の形から冬は雪が多いのがわかる、
そんな大雪を古代から人類は、冬場に雪と元生活していたのかと考えると、「すげえ。」と思うである。
関連記事

Newer Entry◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR飯山線「魚沼中条駅」

Older Entry◇ 「駅ですがなあ。」、、、北越急行ほくほく線「美佐島駅」

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >