FC2ブログ

◇ 花開く温泉

犬山にゃん太郎

渋温泉開花湯

温泉街には観光客向けの共同浴場の他に、地元専用の共同浴場もある、構えは観光客向けに比べると派手さはない。

開花湯

ここ「開花湯」もそのひとつで、各家庭に住民専用の鍵があり、それも年会費のよう諸費用を払っている地元の風呂に入りにきたジイサンから聞いた。
実に旧式な形の鍵を見せてもらったことがある。

開花湯前

丁度撮影していると、日本人ガイドが外国人のグループ連れあちこち説明しながら歩いてきた。
外国人の目線の先を見ていると、どことなく日本人では見慣れて何とも感じなくなったような所に目線が行っていたが、当たり前と云えば当たり前か。

閉館した旅館??

その開花湯を囲むような建物は、廃業した旅館のようだった。

渋温泉街



渋温泉街三番湯前

陽が傾き始めると温泉通りでは浴衣姿の温泉客を見るようになってきて、泊まらない僕として鍵を開けて入る光景に段々羨ましくなってきた。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
mee

犬山にゃん太郎さん、こんにちは。
とても趣のある温泉街ですね~^^
私もこんな雰囲気の温泉街に出かけたことを思い出しました。
共同浴場も街中の看板や店構えなど全てがなんか懐かしいような落ち着くような気持になりました^^

  • 2019/07/11 (Thu) 17:28
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: meeさん こんばんは

日本は温泉国なので各県、地域には色々と温泉もあり
それもみんな特色があったりして、訪れると「なに~?!」なんて所もありますよね。
10代、20代の頃はそんな温泉をバカにしてました、
「なんだ~温泉かよ、ジジババが行くところ。」と
でもそれも年齢を重ね、また会社の社員旅行であちこち旅行に行くと
ホテル泊まりだったりすると物足りなさを感じるようになり
夜な夜な温泉につかったり、朝風呂に入ったりして、「やっぱ温泉だわ。」となってくるのですが
今は、その温泉を入るよりも「撮る!」であります。

  • 2019/07/11 (Thu) 21:47
  • REPLY