FC2ブログ

◇ 薬師堂のある風景

犬山にゃん太郎

渋高薬師の階段

渋温泉にある「渋高薬師」、今回渋温泉を訪れるのは2回目だけど、迷路のような路地はニンマリ喜びで歩くのだが、この傾斜の石段を前にして、
初回、今回と「ここはどうするかあな。」の石段とその傾斜だった。

渋高薬師から眺め

結構な高さ、石段下見えているお堂の脇に誰もが入れる足湯「のふとまる」が、お堂の下は「渋大湯(九番湯)」。

渋高薬師お堂

渋高薬師のお堂

渋高薬師



渋温泉薬師堂

お堂前の傾斜のある石段はあるが、脇からの坂道もある「御利益散歩道」。

薬師の参道



参道からの渋屋根並み

散歩道からの渋の屋根並み。右に見えるのが青いのは瓦屋根かと思ったが、全体的にはトタン屋根ばかり。
冬場には気温が低く、積雪が多いような地域ではトタン屋根が多い、なのでここ渋温泉も積雪が多いのではと屋根を眺めていた。

関係ないけれど、年々高所恐怖症的に高い所が怖くなってきている、最近のドラマで屋上シーンにもビビる、大体手すりもない屋上でのロケが
多い、”高いビルからの景色をバックに”なのだろうが、先日終わった福山雅治主演「集団左遷」の屋上シーンでも、調べると東京代々木の
山野美容専門学校の20階の屋上である、新宿の高層ビルを背景に入れたいだろうが、手すりもない、普段は出入りで出来ないはずなのだろうが、
手すりがあると風景の邪魔なのかもだろうが、しかしビルの20階だよ、俳優さんは、とび職状態、僕ならきっとビビって演技なんてできないだろう。
こんな光景たテレビ番組で当たり前になると、本来屋上ではない屋上に立ち入るのが当たり前になり、当然手すりフェンスとかもないので
転落事故とか起こらないければと思うである。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
よしお
こんにちは

かなり年代がたってるように感じる建物ですよねぇ。
歴史を感じますよね(・。・)

  • 2019/07/04 (Thu) 17:04
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: よしおさん こんばんは

ここ渋温泉の始めが室町時代あたりとういいますから
それに合わせ武田信玄の庇護もあったと事から武田信玄も入ったかもしれませんね。
そんな歴史がある渋温泉のお堂なので、明確には建ったのがわかりませんが、
平成、昭和ではないことは間違いないですね。

  • 2019/07/04 (Thu) 17:44
  • REPLY