FC2ブログ

◇ 長野県山ノ内町渋温泉

犬山にゃん太郎

初夏の渋温泉

渋温泉の上り坂のメインストリートの真ん中を「久しぶりだねえ。」とを歩いていると、後ろからグアワーと音を立て近づいてきた。

長野県山ノ内町渋温泉

なんだ、後ろを振り返るとバンだった、道の真ん中をのんびり歩くこちらに非があるのかもしれないが、それしてもこの道に合わない速度だった、
そんな急いでどこへ行くのかと僕を越していく様子を見ていたらすぐに止まった、店の前に車をつけると荷を下ろしはじめ、急ぎの配達ようだった。

長野県渋温泉



渋温泉(初の湯)一番湯

あちこち合わせたら10幾つもある共同浴場があるいちの「初の湯(一番湯)」、共同浴場は渋温泉に泊まると宿からカギ(マスターキー)をもらい
好きな所をまわるのだが、泊まらないと入れない。誰でも入れる足湯が2か所ある。

渋温泉一番湯前

僕はお分かりのように、そんな温泉に浸かっているよりも、こんな光景を撮ってまわった方が、どんなに楽しいか、これもある意味癒しである。

(初の湯)一番湯

久しぶりの長野県渋温泉、ちかくに有名な猿が温泉につかる地獄谷野猿公苑もある。
前回は長野電鉄の駅撮りでこちら方面までやってきて、「渋温泉って有名だけど。」ついで的に寄った、温泉街を歩くと僕好みの所ばかり、
メイン通りは適度に狭い、坂道、くねって先が見えない、道の両側に絵になる店、旅館がある、そしてそんな道が 「A」の字のように往復あり、
「A」の下の横棒のようにまた路地がある、またこれが迷路的に細さなものだから、温泉街散策というようり温泉街「探検」のようで
この渋温泉は、僕には写真的に理想的な場所を発見!だった。
しかし、ついで的に寄ったので時間も限られ早足で一通りは歩いたが、物足りず「またいつか」ってことで、時間に余裕を持って訪れたのだった。

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.