FC2ブログ

◇ 冬の海景を求めて

犬山にゃん太郎

岩ケ崎

雪があちこち積もっている中、冬の海景を求めて出掛けた。この日、ここ岩ケ崎の高台には雪は少なかったが、僕の好きな新潟の冬の海の景色は、
ここ岩ケ崎からなのである。

粟島



柏尾海岸

新潟の冬のイメージはこんな感じである、空は一日鉛色、雪が降り、雪かきの毎日なることもある、そして「あ~ぁ青空が見たい!」と思う。
それでもやっぱり、曇り空が続く、また畳みかけるように雪が積もる。「また雪かあ、青空が見たいなあ。」と恨めしく空を見上げるのである。

柏尾



村上市柏尾

砂浜に積もる雪、海辺の雪は陸部に比べると積雪量は少ない、なのでそこそこ降らないと海辺では解けるは早い、この日は積雪は多くなかったが、
気温が下がり解けるのも遅かった。20代から走っていた吾知ったる道だけど、所々の雪で車のタイヤがずるっと横滑りで背筋が”ヒヤリ。”

柏尾海水浴場

でも、それは数年前より全然ましだった。

その当時やっぱり雪の海景を求めてやって来たが、予想以上に積雪が多った、時折その積雪の風景に写真を撮りたくても雪の多い道路では、
道のどの辺りに車を停めていいのか判断がつかない、うかうかとしていると後ろから、前から車が通るで、迷惑にもなってくる。

雪のない時なら、「あそこへ停めるか。」と即断も、白一面の雪ではまったく判断できず、そうなると”もっと先ならあるかも”走る、しかしそれがない、
しまいには離れ通り過ぎてしまうなんて事ばかりになり、撮れないのでは意味はない、そして除雪されてない雪の多い道路を走っていると
”帰れるだろうか?”と心配なってきたりして、「何をしにオレは来たんだ。」と来たことに後悔した。
最終目的地の手前で引き返したのだけど、それに比べたらこの日の雪は時折のタイヤの横滑りくらい、なんてことはなかった。

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.