FC2ブログ

◇ 白鳥が飛ぶとき

犬山にゃん太郎

白鳥飛ぶ

冬の田んぼ風景撮っていたら、その視界に入るように一台の車が走っていった。田んぼ道走ってどこへ行くのだ、白鳥か?と思って見ていたら
その先にいた田んぼでエサをついばんでいた白鳥たち羽ばたき飛んだ、車は白鳥を蹴散らすように田んぼ道を進んで行った。

白鳥



田んぼの白鳥

チャイコフスキーの「白鳥の湖」が白鳥を幻想化しているのだと思う。
僕はこんな白鳥を見ているので”違うよ、そんな高尚もんじゃない”と思えるのだが。まして近づくと「怪しげな奴が来た!」と言わんばかりに
それは人間慣れしていない”野生”の証拠。ちょっと僕には腹立たしい存在の鳥である、美しくよりただの渡り鳥として撮るのだが。

冬の田んぼ



田んぼを歩く

白鳥は冬枯れした田んぼに昼間は集まりエサになる稲の根っこを食べている。
田んぼ王国、農業王国なら白鳥は食べるものに困らない場所なのかもしれない。これだって雪もこんなもんで済んでいるうちは問題ないが
これが10センチでも積もったら、白鳥は大変である。そして30センチだの、50センチとなると雪の中に頭を突っ込んで掘り出すようになったら
これは厄介。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
vivid

私の地方には飛んで来ないのでうらやましいですよ
こちらにいるのは城のお堀で飼ってる飛べない白鳥だけです(笑)
ちょっとぐぐってみたら白鳥の種類も違うんですね
飛べないように羽を切られているとか少しかわいそうな気もします

  • 2019/01/31 (Thu) 08:30
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: vividさん こんばんは

見慣れたらただの渡り鳥です、
ただデカいですが。

これはたぶんコハクチョウだと思います、オオハクチョウはこれより一回り大きい。
餌付けしている所もありますが、基本的に野生なので近づくと警戒しながら
逃げていきます、それが撮ろうを思う人間からしたらちょっと腹立たしいです(笑)

春になると、北上してシベリアに帰っていきますが
新潟にいなくなったと思ったら、山形へ行くとまだ残っていたりして
徐々に北上していくものらしい。
そんな春と、秋の飛来は季節の風物詩になってます。

  • 2019/01/31 (Thu) 23:12
  • REPLY