FC2ブログ

◇ 美術館にて

犬山にゃん太郎

室温調整スイッチ

昔みた「刑事コロンボ」の中で現代アートの訳の分からない作品の説明を聞きがら、室内計と室温スイッチを指差し「これはなんですか?」と
言ったシーンを今でも忘れない、当時はそんなことがある訳がないと笑っていたけれど今では僕は”リアル・コロンボ”で笑えない。

タイトル「椅子」

しばらく僕は、この作品はどこなんだと、ひょっとして”あの椅子に座った人”なのかとマジで思った(作品は1枚目の右辺りに写っている)。

撮影OKな展示

この橋、昔内野まで行き撮ったが、こんな感じでデカく現像なると迫力が違った(西川水路橋、川が橋で立体交差している)。
展示室に入りしばらく黙って見ていると「カメラ撮影OK」だった、”えっマジか”と係員さんに尋ねるとフラッシュたかなければ良いとのこと。
西川水路橋を”また撮りに行かねば。”とメモ替わりに何枚か撮影した。

角田浜、こんなのがあったか

ときどき行く角田浜に、天気の良い日ばかり行っていた事に反省、その時その時に風景があることを肝に銘じた、雨上がり狙い、すでに
撮ったが
更新はたぶん2019年になると思う。

美術館ロビー



新潟市美術館の椅子はカラフルでいっすねえ

美術館のロビーの椅子はカラフルだった、頭を悩めたような数々の作品を見た後は脳をやわらかくほぐさなければと、
「カラフルな椅子は いいす ねえ」、「絵画だけに、来た甲斐があったな。」、「アート驚く為五郎~」と、頭に浮かんだダジャレに一人ニヤけた、
そして脳をほぐれ、アートしたあーとは、どこか賢くなったような気分で美術館を出た。

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.