FC2ブログ

◇ ほんとに久しぶりの善宝寺で、感じたものは。

犬山にゃん太郎

山門と信徒会館



山門の獅子と象



山門獅子の彫り物と五重塔

山門の獅子の彫り物も、左右で「あうん」。奥に見えるのは五重塔。

龍華庵

説明書きには「龍華庵(りゅうげあん) この庵の名称「龍華」は善寳寺の前身である「龍華寺」に由来する。明治十三年現在地へ三十三世中興月圓禅山和尚代に再建された。 天陣天井には棟梁が天井画まで関わったされる雲龍図が描かれており、本尊は観音菩薩」

善宝寺参道と親子地蔵尊

参道が無人になるのを待った、でも参拝者は山門だの、龍華庵だの、五重塔だの眺めたり写真を撮ったりで、無人になったかとおもったら
さっき横へと消えた人が、参道に戻ったり、陽が暮れるのが早くなってきている今、待つことに焦る僕だった。

善宝寺参道



山門と石段

外回りの仕事をしている方は経験あるかもしれないが、忙しさにかまけて顧客訪問が”久しぶり”のように長い期間をおいて訪問してみると
顧客への納品商品が他社の商品に切り替わっていたりすることがある。親しかった人が急に他人になったような、知らぬ間に寝取られたような
消失感と敗北感。
まさに、ここ山形県鶴岡市の善宝寺でも、取引、納品商品などはないが、久しぶり感がよそよそしい他人感があった。

いつも久しぶりに訪れるとその雰囲気が徐々にパズルの空白が埋まるようなしっくり感と親近感が出てくる、今回はどことなく建物に親しみ
温かみが感じてこないような他人感だった。お寺に縁のない他人感なら”ある意味”では、それは良いことなのかもしれないのだが。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 4

There are no comments yet.
トマトの夢3

こんばんは♪
しっとりとした佇まいの神社仏閣
彫り物に興味津々です
善宝寺は何度か参拝に出向きましたが
落ち着きますね☆彡

  • 2018/11/26 (Mon) 17:32
  • REPLY
モズライト

しかしたいした彫り物です 迫力に驚きました
陰影がいい デザインが最高 引き込まれて
しまいます 精緻ですね。

お寺は行くと一応撮りますがあまり興味はないですが
木彫は撮りたくなります今日阿賀野市の諏訪神社の
彫り物ついでに撮ってきました 蜘蛛の巣が。。。

二枚目の獅子の横の長い舌?を出したのは
亀かなにかでしょうか??

犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: トマトの夢3さん こんばんは

僕が初めて訪れたのは、東日本大震災の年。
何かしなければと感じつつも、寄付以外になんもできない僕、
そして心中のもやもや、、、、だったら観光に行くだけもいいじゃないかと
山形、福島とそれまでよりも行く回数が増えました。
静かな境内を歩き、本堂前で手を合わせると
もやもやが落ち着き来たかいがあったなあと感じました。

震災でうんぬんの理由よりも、お寺に落ち着きを感じるような年なったのかと
思いつつも、それからかなりのお寺、神社をまわりました。

  • 2018/11/26 (Mon) 19:22
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: モズライトさん こんばんは

神社仏閣の彫刻って色々ありますよねえ、
新潟県では日本のミケランジェロと言われる石川雲蝶でしょうか、
彫刻見たし、偶然ですがお墓も行きました。

作者により彫り物の表現も変わりますね、
僕の一番びっくりは胎内市金毘羅神社、一目見て目が点、口が空きっぱなしなりました。

そしてここの門の獅子の隣は亀でなくて、象ですね。
獅子、龍、象ですが、奈良あたりの寺院では
四神( 青龍・朱雀・白虎・玄武)があり、玄武が亀でもあることから
モズライトさんは、それだと思われたのでしょうか。


  • 2018/11/26 (Mon) 19:36
  • REPLY