FC2ブログ

◇ 「まだまだ青い頃のストック整理」を忘れておった

犬山にゃん太郎

学校のような高泉寺

村上市塩谷曹洞宗高泉寺、室外の板塀に時計、何のため、誰のため、こんな光景が好きである。

格子風景のある通り

塩谷の格子のある通り

ゼネラル燃料店

青い壁の前チュッパチャプスのようなコンクリート、休業にはロープを張っるのに使うのだろうが、移動させるたび引きずるのでコンクリート角が削れ
チュッパチャプスのように丸くなり、今では自立できず端っこにやられたのだと推測。

塩竈神社の末社

塩谷の塩竈神社の末社

旧マルマス蔵

旧味噌醸造小屋

稲荷山からの塩谷眺望

稲荷山からの塩谷の町並み、当たり前にほとんど瓦屋根、それはやっぱり潮風。

稲荷山からの胎内川河口

江戸時代はすぐそこまで北前船の船着き場になっていたらしい。

ボートと船小屋1

陸に揚げられた船、
この辺りは個人の漁師が海に出て魚を獲り地場、近郷で売り歩いていた、僕の子供の頃は、自転車に乗った魚売りのオバチャンがたくさんいた、
子供ながらにその所作に町のオバチャンと違う「浜の女」を感じた。

ボートと船小屋2

スーパーマーケットなどの出現により売上げが減り、漁を止め、現在は使用されていないのではと、浜辺に投げられてような船をあちこちで見る、
これはしっかり陸にあげられているのをみると、船は道具として大事に使われたいたのではと、漁師同様に引退なのかもしれない。

流れ任せ

冬場の海風は半端なく吹く、立っているだけで寒さと風で涙が出てくることもある、長年そんな風にさらされているんだ、こうなっても納得である。

乙宝寺仁王門

胎内市乙宝寺の仁王門、あちこち何度も書いているが、こちらでは赤い神社仏閣は珍しい(お稲荷さんはその例でない)。

仁王門



仁王門2

新潟県下越地方の胎内市新発田辺りで時折見るのが山門の仁王さんにおみくじなのか紙つぶて投げて張り付けるらしいが、見栄えのいいものでない
禁止になったのかマナーとして減り神つぶての量は昔ほどではなくなった。

清水園江戸武家屋敷・石黒邸

新発田市「清水園」内の武家屋敷「石黒邸」、ビビりの僕には井戸の竹のフタをめくって変なもの出てきたらと想像してしまいめくれない。

新発田川

新発田川、これを清水園の庭園内に引いて池に、そして庭の中を小川が流れる。

総門と中門

総門と中門(奥)、好物のおかずは最後に食べる主義の僕は、総門をくぐり中へと入って行くまで、「待て待て!」ともったいぶるように門を撮影。
楽しみだって後に残す主義。

書院から庭風景1

清水園書院からのお庭の風景、小川が流れる。

書院から庭風景3



清水園池泉

こうなると、紅葉の季節はどうなるんだろうと色を想像する、結局はこのあと紅葉の時期には行っていないのでわからない。
池の鯉を見て、「鯉こい。」と言っている人を見たことがない、それはダジャレが浮かばないのか、それともあまりに恥ずかしくて
人前では言えないのか。

夕佳亭からの庭



粟津の晴嵐

日本庭園とかの緑の風景は晴れた方が良いと思っていたけど、最近は曇り、曇りよりもちょっとばかり緑が濡れている方が良いなと思うようになった。


茶室(夕佳亭)

ただそのためには三脚を使わないといけなくなるので、移動に荷物になる三脚はあまりすきではないので、晴れている方が心情的には嬉しい。

茶室の裏

お茶室の裏口はひっそりし、「これはなにやら侘び寂びなひっそりだな。」な派手な色の紅葉ではなくススキでもあったら”わびさびの和”だった。

書院から庭風景2

この頃ならまあ問題ない頃なのだが、夏場に来たときはあちこち蚊に刺された、そうすると庭の印象は「蚊に刺された」になるんだよなあ

茶室(桐庵)と中門

普段は無料施設ばかり、たまに有料に入ってみると「やっぱり違うなあ。」と感じる、それは建物、庭、スケールもあるけど、人の手(庭職人)が
入っているとやっぱり違いを感じる。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
kozoh55
いつも

素敵な写真とコメント、いつもありがとうございます。
今年の犬山にゃん太郎さんの記事では、
給水塔の記事が忘れられません。
これでもか、これでもかと見たことのない建物達
新潟出身新発田高校卒の我が嫁に、『この給水塔、見た事ある?知ってる?』と尋ねても、知らないものばかりでした。
私もこんな記事が書けるようになりたいな、そう思った次第です。
2018年ももうあとわずか、素敵な2019年を迎えられるよう、祈念して今年最後のご挨拶とさせていただきます。
kozoh55

  • 2018/12/28 (Fri) 21:42
  • REPLY
犬山にゃん太郎
犬山にゃん太郎
Re: kozhoさん こんばんは

ここに載せた給水塔は、意外に知らないというか
見えていても目に入ってないかと思います。
なんでもですが意識してみないと記憶には残りずらいのかもしれませんね。

その給水塔で、東京駒沢給水塔を訪ねておられる記事を見て
実に羨ましくなりました、いつも感じるの関東はいいなあですね。
立石の消えた横丁行ったことがありませんが、
僕もなんだか悲しくなりました、同じ消えるにしても
自分のカメラに収めているのと、少しは撮っていた安堵感はあるんですが
それを2度と見れない撮れないというのは、やっぱり寂しいですよね。

本年中はお世話になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。

  • 2018/12/28 (Fri) 22:30
  • REPLY