FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 海辺の町の停留所のある風景

塩谷新町

やけに新し感のあるバス停留所のプレートを目にして、「バス何本あるのだろう?」と時刻表を見ると、1日2本、それも到着地が各々違った。

塩谷の路地



マルマス蔵

そうそう塩谷に来たら、ここに来ないと「マルマス蔵」、イベントもここで行われると塩谷のパンフにはあるのだが。

塩谷マルマス蔵

入り口は登録有形文化財のプレートが貼られて、北前船栄えた頃の醤油味噌の醸造所跡らしい。

マルマス蔵の前



コスモス咲く

空は快晴で10月とは言え残暑のような暑さ、コスモスが季節外れに咲いているようにも思えた。

停留所塩谷新町

バスの運行本数は少なくて笑えるのはせいぜい30代までだろうか、オジサン世代になってくると「所の事情」ってもんがわかってくると、
悲しいものをどこない切なさを感じるようになる。
時折あちこと写真撮りに出かけてこういった所で時々バス待ちを見るころがある、本数が少ないだろうから乗っけていってやってもいいのだが、
それでは運行会社にも申し訳ないというか、ただでさえ乗客が少ないのに営業妨害しては悪いだろうと、目線を送りながら通り過ぎるのである。
同じように駅でも同じ、駅撮りついでに乗っけて行っても良いのだが、本数少なく乗客が少ないのだからと、あえて長々待っている光景を見ても
僕は乗せないのである。そんなことをして儲けが減りバス、電車の本数が減ったりしたら僕の親切は大きなお世話になるのではないかと。
関連記事

Newer Entry◇ 塩谷の「神社の通り」

Older Entry◇  集落の裏を歩く、、、、そして、やらかしましたわい、無画像更新 (^^ゞ

 

Comments
Edit
こんにちは♪

停留所のある光景いいですね
懐かしい感じがします
バスの運行も廃止になる所が多く
淋しいですね~ ^^
EditRe: トマトの夢3さん こんばんは
街の中では、バスは当たり前に走ってますが
地方へ行けばバスはあっても運行本数が少ない。
そんな時刻表を見ると、さみしい感じがしてきます。

かく言う僕もバスに乗ったはいつの頃か('ω')ノ

とある駅で2時間待ちしている老婆を見た時、
その光景になんとも言えない雰囲気を感じました。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >