FC2ブログ

◇ ストック整理会津美里編法用寺、根岸駅、そして若宮駅。

犬山にゃん太郎

会津美里町法用寺本堂

福島県会津美里町雀林にある法用寺の本堂。

会津美里町雀林法用寺

所変わればなのか、神社に貼ってある三社札ならぬ”寺院札”、参詣人の名前を書いた紙が貼ってあったのだと思われる、家族、親戚、友人なので
参詣したという明記するがわりに、紙に書かれて貼るのだが古くなると剥がされたりするのだろうが、貼った糊の跡は残る。

会津美里町雀林法用寺本堂

なので、現在は「貼るならここに!」と本堂左側にそのコーナーが設けてある。以前ここで載せた菅谷不動尊の本堂の消すのが無理な落書きよりも

雀林法用寺本堂

剥がせば何となるし落書きよりも、まあ良いのかと云えば良いのかもだが。

法用寺本堂

参詣者の名前を書いて貼りある意味願掛けでもあるので、剥がす側としてちょっと心苦しいやら剥がしながらイラつくやらが本音だと思う。

法用寺三重塔

同じ法用寺境内にある三重塔と子安地蔵堂には貼ってないのである。

法用寺子安地蔵堂

これは本堂の方が霊験あらたかって事なのだろうか。

放水銃

文化財防火のための放水銃。

踏切あります

会津美里町を走るJR只見線の踏切。
JR根岸駅

僕の大好きな無人駅、JR只見線根岸駅、初めて訪れた時は寂れた感があったが、駅名標、待合室がペンキが塗り替えられプチ一新されていた。

根岸駅からの磐梯山

ここから上り駅になる会津若松駅の位置は、向こうの山の方でなく、駅舎から見たら正面というか、並行にならんでいる。
つまり会津若松駅から ∩ 逆U字に線路が敷かれている。なのでホームからは会津の名峰磐梯山が見える。

JR只見線根岸駅

「まさか」から「もしも」の標語を読んで、小学校6年ある、「まさか」、「もしも」、工場でも使える”ヒヤリハット”用語。
僕自身小学校6年の当時は逆立ちしても浮かんでこないと標語。

根岸駅ホーム




会津盆地の田んぼ風景

まわりは山に囲まれた会津盆地、大人になってあちこち出掛けて「これが盆地」と分かったが、それこそ小学校時代に「盆地」って、社会科の本の
写真を見てこれが盆地なのかと想像交じりに盆地だった。

会津美里町雀林



若宮駅待合室とホーム風景

若宮駅の駅名標、以前は隣の根岸駅も錆びてこうだったのが新しく変わっていたので、ここも直っているのかと思ったら以前のままだった。

若宮駅駐輪小屋

ひょっとしたらこの駅は廃止されたのだろうかと思ったが、駐輪小屋に停めてある新しい自転車を見てそうではないのかと分かった。

JR只見線若宮駅

若宮駅ホーム風景、JR只見線は電化せれてないので線路上に電線はない、ディーゼル気道車である。

若宮駅ホーム風景

ストレートな線路と若宮駅ホーム風景

若宮駅ホームから磐梯山

ホームからは磐梯山が見える。
駅は何もなくても駅ホームからの風景はポイントに影響する、会津の名山磐梯山が見えるのはポイント高い。
いつも訪れ、時間があったらしばらくこの風景を眺めていようと思うのだが、パー撮影して、磐梯山の風景も撮って終りといつも僕はせわしない。

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.