FC2ブログ

◇ ストック整理 海辺と鉄道

犬山にゃん太郎

ビーチの植物

この時まだまだ本格的夏ではなかったが、時には暑い日あり、砂浜だったら「堪んねえなあ。」と感じる日もあるはずなのに。

砂浜と海

しっかり二本植物砂の上に一生懸命育っていた、なのに僕の部屋の観葉植物は時々枯れるのである。植物は過保護よりも放任主義なのだろうか。

白いバルコニー

海辺の白いバルコニー、これが黄色だったり赤かったりしたら、やっぱり「そうじゃねえだろう。」と海辺は白なんだと納得の「白」だった。

角田浜

広い海岸に人が集まり一人どうも行方不明のようだった。などと書くとそう見えん事ないなあと、眺めながら思った。
左にいる女子グループ、後で3台に分かれて移動していった、それは「これからどこ行く?」だったのかもと想像した。

角田浜救護所

青い空に黄色い救護所、威圧的にも感じるのだが、これくらい存在感があった方が、何か事が起きたら「あそこ!」と分からせる黄色なのか。
浜辺で見た救護所の黄色には、信号の黄色、警告の黄色と黒のトラテープ、黄色は尋常ではない状態イメージさせた。

角田浜そろそろ解禁

何を、話ている?

海辺の二人

前進むとカップの前には小さい子供がいた。

冬に見た風景

冬に来た時には、ガラス窓には冬の強風と防砂用に板戸があったが、この時海のシーズンが始まるのを前に板戸は外され、ガラス窓の
向こうにちらりと見える海、明るそうな室内に夏を感じた。

日本海と佐渡島

海と空、車では走れないけれど。



種月寺山門種月寺前

種月寺山門前の観音様。

種月寺西国三十三観音

種月寺の三十三観音、各々は離れいる場合が多いが、ここのはひとつ屋根の下に、手を合せるのだって一度に住む有難い種月寺の三十三観音。

種月寺の参道

参道

本堂とサンダル

お寺で堂内禁煙って、文化財にもなってる茅葺屋根のお寺であるにしても、これも時代ってことなのだろうか、ナイスな時期な煙草て良かった。

撤去工事中の新潟駅ホーム風景

取壊し中の新潟駅、危険防止ネット越し。

改修工事中の新潟駅

ネット隙間から、右から1番線、2番線、3番線、、、、と昔は7番線まであったが、今は左上の橋上ホームになった。

新潟駅連絡ホームの笑顔

橋上ホームまで改札口からけっこう歩く。

新潟駅新ホーム2番線からの風景

「これが新しい新潟駅ホームか。」とテンションの上がりホーム探検と撮影で、乗る電車を一本やり過ごした、オレは鉄オタなのだろうか。
駅が新しくなれば誰だって気になるはず。

越後線電車と白山方面



新潟駅新ホーム風景

出来るまで、どんな風になるのか気になっていたのだが、出来て眺めると新し感に正直、物足りなさを感じた、長年の汚れっていうのは味なるのだ。

白山方面とちらりと見える新幹線ホーム

左は、新幹線ホーム。乗車券を買ってから入場券にしておけば、新幹線ホームも行けたのにと、鉄オタならぬ駅オタなのかも。

そろそろ

女性運転手、車通勤が長く地元新潟の路線にも女性いたのだかと男性運転手とは違うちょっと嬉さがあった。

出発進行!




新橋上線

橋上線になって新潟近郊沿線でこんな光景を見なかったので、初めての土地を旅しているような気分になる。

新潟駅新ホームから亀田方面風景

当たり前に、地上ホームの風景と違う景色に、あちこち橋上駅に変わっているので新潟駅も追いついたかとそんな光景に思えた。

信濃川

JR越後線信濃川鉄橋から、信濃川が濁っているのは前日大雨のよるもの。

信濃川と万代あたり

信濃川とビルは万代あたり、電車時刻のタイミングが良ければ、ここに遊覧船が見られる。
関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.