FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 参道を歩む人たち

参道




参道風景

僕の思っていたよりも人が多かった。世は21世紀になり神社参拝は減ってきているのではないだろうかと考えていたのだが、関係なかった。
それも神社仏閣に似合いそうなジイサマ・バアサマよりも参拝者は20~40代が中心で、その中でも30代くらいが多いように思えた。
まだまだ神社の未来は明るいのである。

随神門前参道

そんな光景を路地から狙うように撮る。通常路地から通りを歩く人を撮る場合、だいたい思うように人が通ってくれず、その時を路地に
ただ立って待つ光景は自分自身でも”怪しい”と感じる時もあるので、人がどんどん通ってくれたので立っている時間も少ないので助かった。

彌彦神社二の鳥居

参拝者は多かったが、意外に鳥居でお辞儀する姿少なかった。
東京や、京都など観光で神社に行くと鳥居でお辞儀する姿を当たり前なくらい見る、僕はそんな光景を始めた見た時「この人は、何者?」と
思ったものである。

手水舎

今では僕は普段にするようになったけど、手水舎でひしゃくの洗い方はやる人は多いのに鳥居でお辞儀は新潟では、まだ少ないようだ。

彌彦神社参道

始めに断っておくけど、ここ彌彦神社の話でない。
たまたま神社をネット検索してたら誰でも知っている有名神社のサイトへ、そこに偶然目にしたのが巫女さん募集の記事の部分だった。
それは採用条件が「大学卒、もしくは卒業見込み」の文字に僕は「えー!」だった、巫女さんになるのに大学の資格がいるのかあと、
今日日の神社に、それには諸般の事情ってもあるのだろうが、条件つけて結婚、出産、おばさんとかの転機で辞めると続けていけそうにないのに
「そうなんかあ。」とちょっと問題あるんじゃあと驚きだった、それはそれで、「大学卒」、これから神社の巫女さんを見る目が僕は変わりそうである。
関連記事

Newer Entry◇ 斎館舞殿・楽舎と、そして参集殿

Older Entry◇ 末社十柱神社の屋根

 

Comments
Edit
こんばんわ
ほほ~ 巫女さんが大卒ですか
この人不足の時代にね~驚きです
中学校の同級生が市内の神社に、
例の巫女さん姿でいた時はビックリしました
何かの反対運動してましたよ。

手水舎 涼やかですね~~ 素敵
EditRe: モズライトさん こんばんは
棚田も良いかもしれませんが、
彌彦神社も良いです、癒されますわ。

巫女さんですが、奈良の春日大社へ行った時見た
春日大社も巫女さんが、藤のかんざしをつけて
さすが奈良だなあと思えるのようなカッコ良さ、
ついつい歩く巫女さんを目で追ってました(笑)
そこは女子大卒とかわかりませんが。

白山神社今日行ってきました、風鈴があるのかいつになく参拝者が多い、
参拝も後ろで待っているのももどかしく、即移動しましたわ。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >