FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 旦飯野神社(あさいいのじんじゃ)

旦飯野神社の紅い鳥居

旦飯野神社=あさいいのじんじゃ、読めんじゃろう、僕は「いつもなんだっけ?」である。

楼門

この楼門をくぐり、石段を登ると御社が鎮座、靴を脱いで御社に上がって拝むのだけど、そこには巫女さんが舞う時に持つシャン、シャンと
鳴らすマラカスのような鈴が置いてあり、手を叩く替わりに鳴らすらしい。「カラン、カラン。」と鈴を振るとこの音が御社内に響きわたり
「お願いします~」と神様を呼んでいるような音にも聞こえる。

旦飯野神社楼門

その脇に三方に積まれおみくじはタダである、また籠に山盛りの飴がありそれももらえる(自分で取る)、聞くところによると1人2個。
実にお得な神社である、この時点でここはご利益がありと思えてくる。

石段と楼門

しかし、そんな有難い神社でも何度行っても旦飯野神社(あさいいのじんじゃ)に「神社の名前はなんだっけ?」となる。
覚えていても次に来る頃には忘れているくらい、間が開くってことであり、記憶力も自分は悪いんだと自覚する。

御社前




貸傘

ここは、「パワースポット」らしい、僕はそんなことはまったく知らずに時々寄っていた、神様に対して失礼なのかもだが、お情けをかけるように
”誰も参拝しているように思えない。”ので僕が寄ってやろうじゃないかと、時折誰もいない神社に寄っていたのだが、いつの頃か多くはないが
僕が行くと、駐車場に車止まっていたり、参拝者の姿を見たりするようになった。そして気づいたのが参拝者は御社に参拝すると早々に、
この御社をでると裏側へまわるようだった。
「はて?なんかあったのか。」と、僕も裏へとまわり”何が?”を探した。それはどうやら御社の真後ろに置かれた大きい石のようだった。
どうもそれが御神体なのかその石をスリスリするらしいのがわかったが、それを知るのは何度か寄ってからなので、「オレの知らないうちに?」
なのだが、実際の所はいつの頃からなのかわからないが、聞く所のよるとテレビで「パワースポット」として出たらしかった。
関連記事

Newer Entry◇ ある土曜日の寸景

Older Entry◇ 夏の始まりのハーモニー

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >