FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 津川新善光寺

新善行寺入口

確か10年前くらいだろうか津川を訪れた時、ここに寄った記憶が、山門を通ると何かあった。

新善行寺入口前の酒蔵



新善光寺前に咲く花




新善光寺山門

このガラス張りの山門もおぼろげに記憶があった。

山門の仁王像




福海観音堂

そうそう、おぼろげに記憶になるのはこの建物だった、明確に覚えてはいないものの「懐かしいさ」があった。

新善光寺本堂

新善光寺本堂

新善光寺本堂前参道



山門の向こう

まったく関係ないけれど、この所交差点を撮るとどういう訳か黄色が多い。

昔親父と某とんかつチェーン店でカツカレーを頼んだ、テーブルに来ると親父はかつをふた切れ僕にくれた、「親父~、年取ったなあ。」と感じた。
お昼にそのとんかつチェーン店で、一人ロースかつ定食を頼んだ、汁物はとん汁だった、七味をかけてすすると、とんかつがいらないくらい旨かった。
チェーン店の味をなめていたが、カウンター奥の調理場お姉さんの顔に「お主出来るのう。」の視線をやった。
メインととんかつを食べる前にキャベツにソースをたっぷりかけて一口、なななんとソースとキャベツの組合わせに最強を感じた、とん汁とキャベツで
丼ぶり一杯ご飯はいけるなと思った。メインのとんかつをまだ口にせずしてこの満足感、そして一口カツをやっと口に入れると「うめ~!」とまた感動。
満足して食後、僕は9000歩あまり歩いたが、まったく腹はこなれず、夜になっても腹は減らなかった。肉、肉、肉の20代ならきっとまた腹は減る
それが夕方にも腹減らないってことは、僕はオヤジ世代からジジイ世代になってきたのかと思った。
関連記事

Newer Entry◇ 裏路地(まだあった檀林小路)

Older Entry◇ 檀林小路を歩く

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >