FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 津川中町の住吉神社

住吉神社鳥居前

格式にある神社本殿前に「左近のなんとか」、「右近のなんとか」などの植わった木の光景を見た事があるのだが、ここにも鳥居前に左右に木々。
鳥居の足元のコンクリートは木造鳥居長い冬の間の雪・雨で傷みがでないように、そして鳥居の奥の石灯籠には倒壊防止用の鉄棒で補強、

津川住吉神社本殿

本殿は比較的新しく、ぺっちゃんこな屋根に現代性をも感じてくるのだが、これも積雪での重さの軽減対策、また雪が滑り落ちないようにと
落雪防止の屋根の上の金具なのどからも、ここ津川の人間は気がまわるのだと思った。

中をのぞく

本殿の中をのぞくと中は明るく、壁に掛かった時計眺め時間は合っているのだろうかと腕時計と確認すると時間のズレがなく、無人状態でも
それがここは常に手が入っているのだろうと察した。

本殿




神輿

神輿蔵をのぞくと、目がこちらを見ていた。

住吉神社

津川の住吉神社前、鳥居の脇の電話ボックスに存在感を放っていた。
最近は電話ボックス、公衆電話は減ったが、ポケベル当時に仕事で外回りして頃は、公衆電話がどこにあるか、トイレはどこにあるか、
重要事項だった、今は携帯、スマホで情報取りまで、トイレはコンビニ、道はナビとポケベル当時からしたら未来文明。

関連記事

Newer Entry◇ 津川の檀林小路(だんりんこうじ)

Older Entry◇ 津川雁木残る中町通あたり

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >