FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 雁木発祥の地 津川

雁木の町

和製アーケード「雁木」の発祥の地、そこ設置されたポストの投入口は道路に向いているのでなく、雁木の通りに向いていた。
それを見て「そらそうだわなあ。」と僕は見ながら納得した。

上町雁木の通り

津川町は坂の町、そこに雁木あるのだから足場は坂に合わせ段が多く、慣れない街撮りしながらの僕は時折踏み損ねた('◇')ゞ
当然、当世のスマホ歩きするにはどうなんだろう。

上町の雁木

雨の中の安心感、雪でも歩きやすいなのだのだろうが、この日は晴天。

雁木の通り

雁木の通りにはパス亭もある、この屋根のある安心感なのだろうが、モータリゼーションの時代にはその有難味も微妙になってきている。

津川中町

「雁木」の説明文を読むと建長15年(1610年)に津川の大火後とある、それって例の「大阪城の冬の陣」のあたり、徳川家康が難くせつけては
豊臣側を刺激していた頃、400年前。
そんな時代の雁木の町を想像すると、それって凄いじゃないのかと思えてくる(※当時は、ここは会津領だった)。

関連記事

Newer Entry◇ 津川の常浪川を渡って

Older Entry◇ 蛭野の午後

 

Comments
Edit
雁木って名があったんですね
八百屋さんとの軒先には必ずありますね
こちらでは雨よけとか日よけでしょうね(^-^)
EditRe: vividさん こんばんは
和製アーケードであり、一番は雪。
屋根がつながっていたら、家の軒先は積雪も少なく移動がしやすい。
青森の黒石でしか、あそこも有名ですよね、そこは雁木といったかどうかわかりません。
ちなみに新潟では発祥はここ津川ですが、有名なのは高田、町中雁木でつながってます。
慣れないと人様の敷地を歩いているようで落ち着きません、僕は道路を歩いた記憶があります(笑)

こちらには全天候型のアーケードは限られているくらいなのですが、
関東、関西は多いですよねえ、それは雪とかよりも、雨、太陽の日差しでしょうか。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >