FC2ブログ

◇ 角館哀愁、散ってしまった桜の花びら

犬山にゃん太郎

武家屋敷通りの黒塀風景




角館枝垂れ桜

あちこち桜は散り、残り物のような桜の風景を見つけると「おー!」と声を出た。武家屋敷通りのような桜並木でなくスッポット的単独の
枝垂れ桜なのだが、我が新潟ではまず見られないくらいのしっかりそれには威厳があった。

武家屋敷通りの側溝

同様に溝だって、我が新潟にはない見事さ。

側溝にだって桜

花びら、花びら、花びら、、、、を見て、桜の花びらでなくこれが福沢諭吉だったらと、下世話な想像をした。

黒塀並ぶ武家屋敷通り

それを拾い、1枚、2枚、3枚、、、、、、と数えるのである。

緑の武家屋敷通り

そして気の小さい僕は、警察に「落ちてましたよ。」と届けるかもしれない。

武家屋敷通りの路地

現実はお金ではないので、みんな目線はやっても、みんな素通り。
それもなんか寂しいような気もする。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.