FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 久しぶりのストック整理 その2

夕景

冬が終わり、いつしか昼が長くなり、今までなら薄暗いはずの空は、優しい日差しの薄暮にかわり、そして春を感じた。

野焼き痕

福島潟の野焼きの時に行けず、後で現場に行ってみて燃えカスを撮りながら、僕は”あしたのジョーだな”だった。

野焼き遠望

その野焼きの日、わかっていたてもやんごとない用事で遠くから撮るしかなかったが、でもそうでもなかったら、こんな空爆されたような光景は
撮ってないのかも。

新発田市内

新発田市の寺町、二王子岳にまだまだ雪残る。

旧沼垂駅

廃線になり、しばらく線路もあった頃何度も通い、この線路も売ればいいお金なるだろうに、もったいないなあと感じていた。

廃線風景

後に残る、バラスト(敷石)と枕木

線路のなくなった風景

それが、いざ線路が取り払われると、足場をすくわれたようなった殺風景感にやっぱり線路があった方がいいなあと思えるのだが。



太子堂前

聖徳太子を祭る太子堂、仕事、日常の中でどのくらいここの横を通っていたかわからない。

太子堂

それがこの風景を眺めながら一度は通り過ぎたのだが、「待て、待て、あの景色は今だけだ。」と戻った。
そんなこの光景に誰もいなかった。カメラを持った人が誰かいてもおかしくないと思えたが。

加治

花びらの絨毯というか、道に出来た花筏のようだった。

会津柳津駅前

会津柳津駅前、「駅」、「静態保存のSL」、「トイレ」とそれだけでも休憩地のポイントが高いのに、桜の風景になるといつもの3倍の人出のように思えた。

会津柳津駅前

まったく関係ないのだけど、この風景を見るたびにネクタイの人が立っているあたりで老夫婦が記念写真を撮っていた光景を思い出す。

会津牧沢

桜に囲まれた牧沢の神社に今年もだったが、満開には少し早かった。

岩ケ崎

岩ケ崎、以前は車の停まっているあたりは公衆トイレがあったが、今は取り壊されて平地に、ここへ来るたびに車が停まっているのは、
やっぱりロケーションなんだろうなあ。

荒井浜

「あら、良いはまねえ」の荒井浜

中村浜

中村浜の休耕中のタバコ砂丘畑風景、遠くに水平線が見えている。

中村浜坂道

「丘のむこう」

村上市笹川地区

村上市笹川地区で見つけた廃棄された二槽式洗濯機。

笹川地区

その笹川地区の津波避難は、この擁壁(ようへき)の上、登ってみたかったが工事中だったので下から見るだけ、でもここを登るかと思うと
「えー。」高さが正直な感想だった。

ウミネコ

ウミネコ2羽に影ふたつ、べた足のウミネコさん、水かき付きの水陸両用の足、そして何より飛べるし、白い頭にグレーの羽根、カッコイイよあんた。

桑川の白山神社

桑川の白山神社、海辺の神社仏閣は大概に冬の風雪から守るため、囲いがされている、それが過疎集落になると世話人も年寄りばかりだったり、
そしていなかったりで、海辺の神社仏閣を見るとそこの人口バランスがわかる。

桑川

桑川の浜辺、ボート引き揚げの為に耕耘機再利用、でも潮風は大敵である、ボロボロな部分も、それでも動くのがメイド・イン・ジャパン。

煙突

煙突からモクモクと、時にそれが美しく思える時もある。

旧石油基地

錆びた石油基地

裏路地

古町通の奥路地、昔の僕ならこの先は入って行けなかっただろう、今はカメラを一緒ならどこだって行ける。

古町の裏路地

20m先を行けば、人通りそこそこなのだが、誰も通らない。

八千代橋

八千代橋の春

居眠りハウス

南川祐輝氏作成のアート作品の「おひるねハウス」、これと同じ物が愛知県佐久島にあるらしい。

おひるねハウス

ちなみ、僕が過去に撮ったもの。

太夫浜のおひるねハウス 

はじめの頃、展示されていたのは今の場所でなく北区太夫浜。

冬の日本かとおひるねハウス

冬の日本海と絵になるじゃないかと、冬の風の強い日にあえて撮り行って、三脚使用して撮っていたけど三脚ごと風に揺れたのを覚えている。

関連記事

Newer Entry◇ 行ってきたぜ、東北。

Older Entry◇ 久しぶりのストック整理

 

Comments
Edit
素敵な写真たくさん見せて頂きました
野焼きの随分下から撮ったアップ写真とか
レールのない元線路 浜辺のアート
桜の花の絨毯  牧沢の神社の質感
いろいろ有難うございました。
EditRe: モズライトさん こんにちは
野焼き、今年はお天気が良かっただけに、近くで見れない撮れなかったのが残念です
焼け跡を撮ってましたが、火が見たかったですわ(笑)

レールもそうなんですが、消えてしまった風景が結構ある
そばかりをまとめようかと思ってますが、今だまだ、、、いつになることか。
奥会津は、実にポイントが高いです、まず屋根が違う。
こんな山奥に家があるのか?と新潟とはちょっと違う雰囲気に僕は萌え~ですわ。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >