FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 福島・情景  

◇ 旧小学校の時計は5時20分で止まっていた

旧久保田小学校?

旧小学校の時計は止まっていた。
僕が実際に訪れた時はお昼時だったが、6月の一日の長い頃なら別として、朝でも夕でもこの5時20分だと訪れることのない時間に、
妙な違和感があった。

旧小学校裏

今年は、ここの桜は間に合わなかった、到着すると木の花の数から、5分咲きなのかとよく見ると散ったあとだった。

旧久保田小学校前の枝垂れ桜

しかし、旧校門の枝垂れ桜は、まだまだこれから、今年は雪が多いので桜の開花は遅いのだろうと予測していたけど、1週間は外れたが、
遅咲きの枝垂れはまだまだで、花の予想は簡単に計算できないと思うと、数年前に枝垂れも、校庭の桜も満開だったのは今思えば奇跡なのかも。

防火池

あちこちの家の前、横には池がある、のぞくと鯉が泳いでいた。
いざ出火となると消防車が来るまでかなり時間がかかる、そのため防火用の池、そしてついでに食用として鯉なのかも。

消火器

消火器はあるが、比較的新しく、それも高い位置に設置されている、積雪はここまでありますぜってことなんだろう。
今年は雪が多く、僕の近所でも日曜の雪かきで雪のやり場に困り、消火器を埋めるように雪を山にしているのを見た、山奥の人が見たら
「何て罰当たりな!」かもしれない。

祠とつくし

久保田地区の集落にある祠の桜は満開で、つくしも生えていて、ここだけちょっと春が遅れているようだった。

久保田のオレ桜

久保田には毎年、この枝垂れを見に来る。
初めて見つけたのは秋で、その時前のいたバアサンに見事なので名前があるのか?と尋ねると「ない」といい強いていうなら地名の「久保田桜」
そしてこれほどならカメラマン撮影に来るでしょうと尋ねると「来るねえ。」と答えたが、その翌年春から何度も訪れているがカメラマンなんて
見た事がない、名前だって「しいて呼ぶなら久保田桜」と云ったことから名前がないのだろう、毎年僕はここを訪れているので、僕は
僕が見つけた、僕のための、「ぼく桜」とつけた。


関連記事

Newer Entry◇ 会津柳津、里の春

Older Entry◇ 会津柳津町の桜の国で

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >