FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 会津柳津町の桜の国で

柳津町湯八木沢

西会津、会津柳津町と車を走らせたら、こんな光景があちこちにある、何度も訪れ慣れたけど初めて桜の季節に訪れた時は、止まって撮り
撮っては止まりとしていると、だんだんもっと奥に行ったら宝の山のような桜があるのではと思えて、のんびりと「桜の風景を見てはいらないと
先が気になりながら焦って移動していた記憶がある。

柳津町久保田

今回もここで「こんにちは。」と声かけられ挨拶された、国道の通り道とかで通行量が多いならわかるが、会津の山奥の行き止り状態な所。

久保田の桜

言っちゃ失礼だが、観光客どころかカメラを持って撮影している人自体撮っている自分ですら”怪しくね?”と思わんでもないような地理的な場所、

久保田の風景

怪しい奴って事で警戒を込めて「こんにちは」の挨拶ではないと思うのだが、そこを撮って歩く僕としては警戒されたような目つきをされるよりも
まったくありがたいのだが、それ故にか桜の時期には訪れてしまう柳津町久保田地区、、、もっとも映画のロケ地にもなっているのだけど。

久保田彌彦神社

新潟平野に東京スカイツリーと同じ高さの弥彦山を背にして鎮座する彌彦神社がある、越後一之宮である。
僕は子供の頃から越後の神社なのかと思っていたら、会津の山奥で見つけた「彌彦神社」の文字に「えー、なんでここに?」だった。

彌彦神社本殿

その時通りかかったオジサンに、「彌彦神社は越後一の宮だと思っていたら何故にここに?」と以前たずねたことがある。答えはあっさりと
「越後の彌彦」とは関係にないのではと云ったが、疑い深い僕は「このオヤジ、新潟の弥彦神社の大きさを知っているのだろうか」だった。
ともかく、その新潟県人でここへ2、3度と訪れて手を合せて写真を撮っているのは僕だけじゃないのか思った。

久保田の桜開花

本日初めてランニングタイツを履いた。
下半身の締め付けられ方からストッキング・レギンスを履くってこんな感じなのかと、何だか婦女子になったような気分になったような気持ちに
僕は股間を押さえた。しかし、これはランニングタイツだった、歩いていると筋肉へ締め付けからなのか足が勝手に前に出ていくようで
わずかな効果なのかもしれないが何となく歩かされているような効果があった。
結果らしてそれは本来の自分の歩調でないのでわずかでも普段の筋肉の運動量以上の運動量になり、ジジイに近いオヤジの僕の筋肉からしたら
せっつかれて歩いているようでもあり、若ぶっていても後で無理がたったたようになった、そして家の戻る頃にはフラフラになって、
映画なのどで、特殊スーツ装着して変身するのは、これと同じのかとヒーローの目に見えない苦労を実感したようだった。

関連記事

Newer Entry◇ 旧小学校の時計は5時20分で止まっていた

Older Entry◇ 会津柳津町麻生

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >