冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 桜の終わりの乙宝寺寸景

山門と弁天堂




椿

ここ2、3年桜の開花はハズレなのような気がする。
何年前だったか桜開花がドンピシャ時、僕もそうだが観る人の顔が明らかに違う。


香炉前




三重塔

新潟は縦に長いので、桜の開花時期には多少のズレがあり、それを利用して新潟市がダメなら北上でリベンジもありのだが、
そして今年2度目のここ胎内市乙宝寺でも「遅かったか~」だった、もっとも2度目は散っているだろう風景撮りだったのがそれもハズレだった。

山門前

散り方にも、綺麗ってのもあり、ここでそれを狙って雨の日に出掛けたのだが、自分の思っていた風景とは違い「ありゃ~!」で、帰るしかない、


乙宝寺本坊

だったが、あきらめの悪い僕は、ダラダラと境内を歩きまわり、「おっ。見っけ!!」と、その場所で、後ろから、前からと移動しながら
しばらく桜撮りに悩んだ。

本坊の門




本坊の門と三猿

三猿を見つけた。

三猿

妙にこの日の気分に、僕には三猿が意味めいて、「欲張るもんじゃない、足るを知れ。」と云っているように見えた。

椿の花

こんな光景を見て、マクロレンズが欲しいなあと思った。

GW最後の日、カメラを持たずにひたすら街を歩いた、万歩計は14500歩、歩いた割に同じようにカメラを持って歩きまわるよりも疲労度が軽かった。
カメラの重さ、だらだらと歩きまわるのはつかれるのかもしれない。
それにしても、本日はランニング、ウォーキング、散歩する人、普段の日曜日より多く見られた。


関連記事

Newer Entry◇ 桜の降った日

Older Entry◇ 翳りゆく春のはじまり

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >