冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 岩ケ崎で往復ピンタ

岩ケ崎の坂道

この日、村上の海岸線を岩ケ崎から撮影が始めた。
それから海辺のあちこちの集落を撮り終えて帰る頃には、「やっぱあ、気になるなあ。」とまた寄った岩ケ崎。


粟島

数時間前に寄ったのに~、だけど時間が変われば光の風景も変わる、「行き」に、「帰り」にの往復ピンタの撮影。
僕はつくづくここが好きなんだと思う。


海上に浮かぶ要塞

海に浮かぶガス油田の要塞、その向こうの4本の煙突、蜃気楼ではないが時折気温の関係で浮いたように「蜃気楼じゃねえ?」と見えることがある。
そんな事をニュース、噂など聞いた事はないので、もしそうなら発見者は、、、、オレが一番目 φ(..)記す 

のぞく

などと考えながら、にんまりして眺めるのである。


遠い眺め

波打ち際、砂浜も悪くはないけど海は高い所から眺めるに限る、広い海がより広くなる、そして高台のここからでは「葉っぱのない今ですじゃ。」と、
見逃して今度来たとき「あちゃー!」となっては、また来シーズンまで待つ事になり後悔必至なので思い立ったら往復ピンタもありなのである。

関連記事

Newer Entry◇ 春の徘徊、、、、いや、そぞろ歩き

Older Entry◇ 貨物列車EF510 通過する

 

Comments
Edit
今回の写真、意図的な前ボケが効いてますね
私も最近、オールドレンズが単焦点のせいもあり
中距離での撮影が多くなりました
人物なら主題は簡単なのですが、景色の場合は
どの部分を切り取るか、また効果的なボケを考えるように
なりました
EditRe: vividさん こんばんは
自分も昔オールドレンズというかピント絞りマニュアルレンズを使用したました。
実に写りにボケに「いいなあ」だったんですが、マニュアルだと
ここぞって時にピントが間に合わないことが多く、また失敗も量産で
売り払い、オートレンズに、実にピント合わせは楽、街撮りなんかでも撮影枚数も増えましたが、
写りではやっぱり今ひとつ、こればかりは撮影スタイルですね。
じっくり撮る方なら良いと面ますが、僕はスナップなのでオートが楽、
まして老眼が入ってくると、、、、断然楽なオートですわ('◇')ゞ

Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >