冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 浜新保あたり

漁船

漁船引き揚げ用ウィンチ、漁船と云ってもこのあたりのはボートクラスの大きさばかり。


船出

それだって、一人では無理ってことなのだろうか、共同作業。


うみねこ

ウミネコ発見、カメラが趣味なってからウミネコとカモメとユリカモメの区別がつくようになった。
ウミネコはその周辺に居つくが、カモメは渡り鳥だと知った、ユリカモメは田舎にはいない。
冬になると新潟で姿を見なくなったカモメが山形県に入ると急にその姿が増えるのを見て「なるほど渡り鳥なんだな。」と納得した記憶がある。

枯れた水飲み台

浜新保の海水浴場の水飲み台、長い冬とまた利用されるのが少ないのか、錆びている。


浜新保の漁船

今は使われなくなったようなボート(実際はわからないが)、新潟県の海岸線どこへ行っても漁師は減っているようである。
漁獲高も減っているし、後継者も減った。また大体「地引網」っていうのも聞かなくなった。
ボートの向こうは僕が勝手に新潟版「稲佐の浜」(神話の国島根県、旧暦10月の神在月に、全国の八百万の神々がおいでになる浜。)だと思っている。
関連記事

Newer Entry◇ 浜新保を歩く

Older Entry◇ 馬下(まおろし)の暗号でしょうか?

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >