冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 村上市馬下(まおろし)

馬下の小さな漁港

以前訪れた時よりも馬下集落に空き地が目立った。
そこは地元住民の駐車スペースになっていた、出来たらそこへ車を停められたら楽なんだろうが、「誰だ、ここ停めたの!?」と怒られても
困るので、集落から300m離れた漁港の空きスペースに車を停めて歩いた(※駐車禁止のここには停めていないのであしからず)。

馬下の漁港と粟島

白い柵の海に浮かぶの粟島と、漁船を引き揚げするウィンチとロープ。


村上市馬下

初めて馬下を訪れた時、ここから集落へ入った、僕はこの風景を見てこんな風景があったのかと発見の嬉しさと驚きに「馬下恐るべし!」だった。


馬下踏切

以前ここを訪れ、踏切風景に「いいねえ!」した、そして「ここに電車でも通ったら尚いいぜ。」と電車が通るのを僕は待った。
だが来るか、来るかとただただ1時間踏切の前で待っていた記憶がある。これがローカル線の実態なのだと肌身で体感じた。

馬下の入口

列車の通過時間わかってたら他を廻ること出来たのだが、それが”いつ来るかわからない。”ので踏切から離れる訳もいかず、
ただただ踏切付近をウロウロ、まさに僕は不審者だった(笑)
それからである、大体時間を把握すようになったのは、また午後4時以降なら普通車、貨物、特急が通過すのだが、昼前後になると
まったくと言って良いほど来ない。

関連記事

Newer Entry◇ 馬下(まおろし)の暗号でしょうか?

Older Entry◇ 越後早川海辺

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >