冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ いつもの「岩ケ崎」あたりで

岩ケ崎と粟島

いつもの岩ケ崎、ここも前に見えている木が葉っぱが生えるよう頃になると、せっかくの風景も今ひとつになるので、撮るなら冬、もしくは
葉の生い茂るまでの「撮るなら今でしょう。」だった。

日本海に浮かぶ粟島

粟島の人に悪いけれど、この風景を見て「鬼ヶ島」風景って、こんなイメージなのではと海に浮かぶ島を見ながら想像した。


岩ケ崎

岩ケ崎から海の風景も好きだが、交差点のカーブの風景も好きなのだが、そこへ青空が増し「来て良かった。」と思える時だった。


日本海沖ガス油田

遠くに小さく見える日本海ガス油田、その向こうに新潟東港の火力発電の煙突が見える。


瀬波温泉俯瞰

手前の三面川と奥は瀬波温泉で見えている通り海を眺めながら温泉につかれる、泉質は茶色く色が付き舐めると塩っぱい。
そして正面に見える丘は以前はもっと低かったが、津波対策でかなり土盛りされ高くなった。

桜の開花に伴い、「週末はあそこ、ここかあ。」と撮りにまわるのを楽しみにしてたのに、昨日土曜日に雨!、「雨じゃなあ。」と気乗りしない気分で
出掛けたが、本日は流石に朝起きると「雪!!」が積もっていた。「えー!!なに~それ~!」だった。

雪残る桜花


桜の花に積もる雪も良いかもと思いながらタイヤは夏タイヤに交換してあるので道路は大丈夫と思うけどでも様子見だなあと、午後から出掛けた、
流石に道路の雪はなかったけど所々に雪が残り、桜と雪を一緒に撮ったのは初めてになった。

アラレに花びら散る


そして良い桜を見つけたけどアラレ!、車内に逃げ込み頭の中で「4月だよなあ。」と、桜を眺めているとそのアラレが当り桜の花びらが散った。
「もったいないなあ。」と、眺めていたけど”撮るか”と撮ってはみたけどフロントガラス越しではやっぱり写りが悪りいなあと眺めていると、
フロントガラスにアラレがうっすらと積もった。

関連記事

Newer Entry◇ 越後早川海辺

Older Entry◇ 川辺の椅子と雨の桜花

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >