FC2ブログ

◇ 煙突のある風景

犬山にゃん太郎

北越紀州製紙の煙突




沼垂テラス商店街と煙突




沼垂テラス商店街

「沼垂テラス商店街」すっかり知名度得て人通りが増えた。
僕の知っている頃は今と同じ風景でも、赤く錆びたシャッターが並び、お店はやっているのかとどうかわからいないような風景で、車だって
気安く通り停められたが、今は「そこは停めないで!」と怒られそうである。自分のモノが、人手に渡り別な使われ方をしているのを見るような気持ちである。

昭石跡地




佐渡汽船と煙突

信濃川河口にある佐渡汽船、カーフェリーは入港時は信濃川上流ヌに向かってこっち向きだけど、出航する時は向きは反対に変える。

佐渡汽船出航

それは港で船が出航する光景、または車がUターンするように向きを変えるのでなく、信濃川の川幅の中で行われる。
船尾を起点にしてカーフェリーは船首を右回転行く、途中で川の流れに対して直角になるとそれは船が大きいものだと実に見応えあり
大体誰かしら見物人がいるし、カメラを向ける姿がある。
この時もフェリーが川の流れと直角になるあたりから迫力にみんな立ちすくむようにぼ~と眺めて、写真を撮ったりしていた。
ちなみにこの「おけさ丸」の全長135m。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.