冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 雪と稲架木(はさぎ)

ハサギ

さっきまで、手前の照明(雪にすっぽり埋まった)がついていた、夜明けとともに消灯し、当たり前のことに「そうだわなあ。」と納得した。


ハサギの並木

稲架木(はさぎ)とは、稲の収穫後、天日干しするために植えられた木、ここに竹の棒を横に固定して洗濯物干すように収穫した稲を架ける、
これはそれを再現したもの。

ハサギと影

子供の頃はどこでも見られた、早起きしてカブト虫を捕まえる木でもあったが、その田んぼはやがて住宅街になり、
農家は効率の悪い天日干しから雨風に関係なく使用できる乾燥機に変わって稲架木(はさぎ)は、見られなくなった(秋葉区満願寺のように残しておく所もあるが)。

しかし、稲架木の枝は凍って白くなってはいたが、寒い冬の間も伸びているような枝ぶりだった。




関連記事

Newer Entry◇ 夢まぼろしでない幻日

Older Entry◇ 余裕な朝と、焦る朝

 

Comments
Edit
2枚目の明けた瞬間でしょうか
いい光ですね~(^-^)
EditRe: vividさん こんばんは
昼間に頭の上にある時は感じないのですが
夜明けを待つと、太陽が出るまでが長いですよね。

そしてここはやっぱり撮るなら冬のようでありますが、あとひと月もしたらここも菜の花の風景になるはずですわ^^
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >