FC2ブログ

◇ 世界は日の出を待っている

犬山にゃん太郎

太陽顔を出す

やっと太陽が山の尾根からちらりと顔を出した、待っている間に空は雲が多くなってきていたので「大丈夫か!」と心配だった。
冬場のこんな天候に遭遇するチャンスは滅多にないので、ここまで待って太陽が雲の隠れての日の出だったら目も当てられないはず(/ω\)


日の出

これも足場の自由になるがゆえのアングル、雪深い場所だったらたぶんその場で撮り終えて終わりだったかもと、日の出と共に先まで居た
場所とカメラマンの様子を眺める。


ここからも日の出

日の出の瞬間を撮り終えたら、あちこち動き回り「ここもありか!」と恥ずかし気味に建物の影から。


あけぼのから朝へ


そういやあ、以前はこんな光景に素直に神々しさを感じて、密かに手を合わせたり、周りに人いる時は心で手を合せていたもんだけど、
この時はそんな感覚を忘れていた、感動薄くなったお年頃になんじゃろうかのう。

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.