FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 雪の積もった日、福島潟へ

駐輪車庫




赤いトラクター

白い世界で、悪人顔の色を見つける。
田舎の冬場では、色の風景がなくなるので、雪の中で派手であっても色を見つけると嬉しくなってくる、この時も僕はニタリとした。


雪原

今年は雪が良く降る、降り過ぎる。解けるのかと思ったらまた降ってくる、今度こそ解けるのかと思うとまた、そしてダメ押しするように
また雪が積もるが今年のパターン。この時は雪の嫌いな僕もまだ余裕な気持ち雪は見れていた「まあ雪もありかな。」だった。
これが解けたと思ったらまた積もった、この雪が今は根雪なっている。

福島潟

先日も同じ福島潟に行くと雪原には道なんてなく、ただ白い雪の上に出きた足跡だけ、その足跡は一人が歩いた後のようで片足ずつ前へ前と進む。
そしてその足跡に合わせて歩くのだが、時折その足跡を「面倒くせえなあ。」と踏み外れると、その足はズボーと膝まで埋まった。
誰かの足跡がある所はそれで良いが、「オレの場所を見つけよう。」と進むならズボリ、ズボリと前へ進み、時折足を取られてこけそうなり、
雪の景色なんて「いらねーーー!」と帰ってきたが、”この時は白い世界をなんなく自由に歩けた”。
こんな説明をして(雪が降ってばかり)って訳で、同じ風景が続くかもの、、、、今からの言い訳。

日の出前の福島潟

ちなみに そのズボー、ズボーの福島潟の雪。
気温が下がり、雪もサラサラで、そこを歩くと足は埋まっていく、イメージ出来ない場合は雪=泥沼だとイメージしてくれたら、なので歩くだけ体力と汗をかいてくる。


自分の記憶から消えていたモノがYouTubeで見つけた時、登場人物の少年のような気持ちなった、イタリア映画はこういうのが巧い。
モニカ・ベルッチ 「マレーナ」 熱気で雪を解かしてもらいたいものだが。


関連記事

Newer Entry◇ 白い世界の”足あと”

Older Entry◇ 夕陽のガンマン的な

 

Comments
Edit
こんにちは^^
お久しぶりでした〜〜
今の時間帯は窓からの日差しで暖房いらずの暖かさです。
早朝のちょっと車にかかってた雪もとっくに溶けました。
雪の時期って色のあるものを見かけると嬉しくなりますよね!わかります^^

この前四万十のカルストの方に行ったら
スキー場もあるのでしっかりと雪景色でした。
山側だとさすがに降るんだなぁとちょっとビックリ。
Edit
最初に足跡を付ける人は、やっぱりすごいですよね。踏み固めながら、しばらく進んで、いつまでたっても進まず、思わず振り返って後悔なんて事も・・・。

見つかった悪人顔がたまりません!
EditRe: リイナナさん こんばんは
暖房いらず、な、な、なんて羨ましい。
こちらは雪かきで、やった後のまた積もり、、、たまりませんわ。
学生時代に東京では、雪のない冬で、春になっても冬あったの?とそんな感じだった記憶があります。
それよりもずっと南下した四国では雪のイメージがなかったんですが
そうですか、スキー場がある、、、驚きです、そういう生な情報はありがたいです。

昨日ニュースで田んぼ競技大会やっているシーンがありました。
どこだろ思ったら四国で、雪のない田んぼを駆け回っているどころか
長靴を誰もはいてない、、、スニーカーの上にレジ袋をかぶせて走っていて
長靴を履かないのか、あとで泥を落とすの面倒なのかどちらかわかりませんがカルチャーショックでした。

今度は暖かすぎて、体調こわさんでください、僕はいつも暖かくなる春になると体が怠くなるです。




EditRe: ややさん こんばんは
雪を歩く人を見ていると、やっぱりズボーなって、足を抜くのにひと苦労なんてあります、
この時は長靴さえ履いていたら、どこへも自由に動けました。

冬になると白い色か、枯れたような色ばかり、毎年色探しの冬ですが
今年は雪が多く出掛けるのもままならぬで、参ってますわ。
雪よろしかったらお分けします、、、そちらもありますかね^^


Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >