FC2ブログ

◇ 冬のある日、良い日旅立ちに変わった

犬山にゃん太郎

四ツ郷屋

我ながら、ここまでシャッターを切れるとは思ってもいなかった。
”欲ばって20枚くらい撮れたら。”と県道から砂丘畑に入るのに左に曲がりながら思ったが、こんな光景がゴロゴロあちこちにあった。


砂丘の小山

時折、こんな光景を僕は探していたという冬枯れの風景もあったりして。


小山の冬の緑




四ツ郷屋と農業用ハウスのある風景と角田山

これも晴れて青空が見えたからだと思う。
家を出る時には、青空の光景が見れるとは想像もしなかった、ましてここへ車で来る途中にはフロントガラスにはアラレが当たっていた。
だからちらりとでも青空見れたらの希望は消えた、行く先の鉛色の空を見ながら気分的は「ガーーン!」とネガティブだった。


関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.