冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 奈良・情景  

◆ 奈良、電車に乗って

JR桜井駅(南口)

JR桜井駅(南口)


JR桜井駅コンコース

JR桜井線、またの名を「万葉まほろば線」、でも駅の雰囲気はどこにも万葉もまほろばも感じれらなかった。


近鉄桜井駅(北口)

JRとは線路を挟み反対側の近鉄桜井駅(北口)


近鉄桜井駅ホーム風景


桜井駅は「JR」と「近鉄線」の線路が並行しているのだが、JRは地上ホーム、隣の近鉄線は橋上線でホームなので線路ある位置の高さが並んでいても違う。
なのでJR利用の場合、電車から降りると階段を上り2階の改札口、連絡路を通り階段を降りて出口と行く、別にこれは珍しくもないけれど、
近鉄利用するのにJR側の南口から利用の場合と、JRから乗り換えで近鉄線の場合、一度階段を上り、橋上の連絡路を通り今度は階段を下に降りる、
今度は近鉄線改札口を通るとまた階段を上り、橋上のホームへと、登って降りて、また登ると、急いでいる時は厄介にも思える構造だった。

駅に興味ない人には、「あ、そう。」で終わるのだけれど。

大和朝倉駅

近鉄線に乗り換え下り電車に乗り換え。
途中「大和朝倉駅」で車両入れ替えの時間待ち、どのくらい停まっているのかわらず、最初は「駅撮っておこう。」と社内から顔を出す程度だったが


近鉄大和朝倉ホーム

運転手が降りて、ホーム、電車を確認していたので、「運転手がここにいる間は電車は出んのだな。」とホームの真ん中まで出て「大和朝倉」駅のホームを撮影。


電車に乗って


JR桜井線の電車乗り奈良駅から桜井駅へ(ちなみに またの名を「万葉まほろば線」)。
先頭車両の一番前に乗った僕は、運転席後ろに陣取るように進行する車窓を眺めては時折、カメラで撮っていた。

JR桜井線三輪

しかし、しかしである、自分の乗っている電車と同じ線路の向こうにも電車がいた。
その車両の正面には進行方向示すライトも見えた、ってことはこちらに向かっているってこと。
「えっ?!ここまま行ったら正面衝突じゃん。」と僕はびびり運転手を見たが彼は冷静だった、だったらと僕の周りの乗客を見てもまったく気づいていないようで
お気楽に乗客同士会話していた、「これは僕はぶつかる~!逃げろ~」とちょっと腰が引けながらも、これは叫ばなければと思うのだが、


三輪駅


また運転手を見ても「まずいよ、まずいよ、これ!」と騒ぐ気配はまったくなく、実に冷静に前を見つめていた。
そんな間も徐々に前の電車と間隔がつまって行くが、でもどうも向こうの車両は動いているようには見えず、三輪駅に近づて行くと、「なるほど。」と
桜井線は単線なので電車入れ替え交換で三輪駅に早め到着してこちらの電車が到着するのを待っているのだとわかった。

それがわかると、「なんだよ、おい。」と落胆しつつも、ビジター目線でみていたのに改めて気づいた。

関連記事

Newer Entry◆ 近鉄室生口大野駅 あたり

Older Entry◆ JR桜井線「 畝傍(うねび)駅 」と赤いポストのあたりを歩く

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >