冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 奈良・情景  

◆ 下千本から吉野駅へ

下千本


下千本、「千本楼」の向こうが吉野ケーブルのりば、しかし運休中のため、代行バスを待つかと迷ったけど待っているより、お天気に緑もキレイなので歩いて
山を降ることにした。


ケーブルカー吉野山駅前

ここへ来て「吉野千本桜」よりも、出来たら金峯山寺のこれを拝見したかった、しかし見れないとはいえ蔵王堂内は入観料を払へば入って他の仏像を拝見出来る、
その中には大きい蔵王権現の木造が見れたのだが、色は青ではなく木の茶色、「これが青い、それも3体あるのかあ。」と目の前の蔵王権現を見ていると、
母子が僕の横で「パチ、パチ。」と手を叩き手を合せて拝んだ。その親子を見てると安置されている仏様の前でパチパチ!ジャラと小銭を投入しては手を合せていた。
神様じゃねえんだからと、その為に仏関係は「ドラ」だの「鐘」があると教えようかと思ったがが、待てよひょっとしてここ吉野ではそれがキマリなのかと
遠くから来た旅人は、かえって恥をかくのは”俺?”と一瞬思ったが、他の人を見ても手なのど叩く人はいなかった。


下千本 大橋

朱色の大橋、いわれのある大橋のようだったが、橋はコンクリートだった。


下千本坂道

朱塗りの大橋越えると県道から別れ道になり近鉄𠮷野駅までの登山道、「七曲り」となる。
下りだから良かったけど、登っていたら僕は同じコースは歩いていないかもしれない。


IMG_9112sa29.jpg

七曲りに緑、途中でバイクのオジサンが降りていったが車は通行不可のようだった。
そして上を見上げると モミジ、、、「モミジかあ。」と桜も絶景なのだろうけれど紅葉もいいのかもなあだった。


止まっているケーブルカー

(運休中)止まったケーブルカー、実は吉野山へは直近で乗ったロープウエイに僕は恐怖した記憶があるので、これに乗らないいけないのかと思っていたけど、
それが「運休中」、吉野山へは代行車、帰りは徒歩、、、、、この日吉野駅を降りるまで想定もしなかった。




吉野駅改札口

吉野駅に到着、この大屋根のあるプラットホーム、この時次の電車を待っていたのは5人だった。


特急BlueSymphony号

BlueSymphony号 到着、、、なんだ、なんだ この風格、近頃の運行の何とかに対抗できるじゃないのと、降りる乗客はやっぱりどことなくお金持ちのように思えた。



吉野駅プラットホーム




近鉄吉野駅プラットホーム

ちなみに、こちらが乗り込んだのは隣のホームの急行(と云っても途中まで各停)。


急行に乗車

普段は車で移動、それも自分で運転。
なので電車に乗っている時間を過ごし方しらない、スマホなら良いのだろうが僕は未だにガラケーである。
のんびり、、、、と云うよりも ともかく降りるまで 暇で車窓を見る

ここまで、半日終わり、そしてカメラはバッテリーのレベルが「1」になっていた。今回は充電器は持ってこずバッテリ3個あれば足りるだろうと予定してたが
この時点で1本使う、、撮り過ぎだろうかと思いつつ、残りがなくなり奈良の風景を撮る事もなく”ただ見る”で終わったら、気持ちは耐えられるだろうかと
自分の予定を頭に、あそこで、何枚、ここで何枚、カメラは一台に絞ろうとか、まだまだ予定を残して心細くなった。


関連記事

Newer Entry◆ 吉野口駅(よしのぐち)にて 

Older Entry◆ 金峯山寺仁王門前から黒門へ

 

Comments
Edit
緑の風景と朱色の橋
雰囲気が良いですね~
わたしもこの様な所を歩いてみたいですね。
写真を見ていると、気分が落ち着きます。

列車は高級感あふれる特急の様ですね。
乗って見たいです。
EditRe: イアンさん こんばんは
朱色の大橋は、ここが境界のようにも感じました。
他にも鳥居があるのですが、まずは「ここ先は違うんだよ。」とそんな風に思えました。

今度行ってみて下さい、、、、と言っても僕も行きたい、行ってみたいと思って
数年掛かりました、ホント良い季節は桜の頃かと思いますが
人は、こんなものではありませんよ、、、たぶん。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >