冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 奈良・情景  

◆ 吉野、谷の向こうは緑なり

谷の向こうの如意輪寺




上千本の坂道

時々建物と建物から間から立体感あり風景に、たまらんなあと「いいねえ」、でもこれは登り坂から、今度は下り坂を歩いているから体力的気持ち的にあるのかも。


吉野の赤いトタン屋根

赤いトタン屋根のアンテナの向きを見て、むこうは大阪なんだろうかと大阪を意識しすることで、「オレは旅しているんだ。」と思えてきた。


石垣のある坂道

吉野のあちこちに石垣があった。
僕はこの日だけで何年分かの石垣の風景を見たかもしれない、山の土地利用ゆえの石垣なのだろうが、この山でこの石をどこからか持ってきて
それを積む重労働、観光で坂を登って来るだけでへばっている僕は「ご気楽でスイマセン」だった。


吉野の山、谷

正面の山のもこもこしているのは桜だろうか、あれが春になると、「桜てんこ盛り」になるだろうか。




勝手桜




吉野の石垣

石垣をここだけ見たら、お城?なんて思うようだが、この上は駐車場である。
もっとも駐車場の前は旅館とか大きい建物があったのかもしれないが。


勝手神社

勝手神社脇の案内板を見て、「𠮷水神社、𠮷水神社、𠮷水神社行こう」だった。


勝手神社前T字路

なんと、なんと「天川へはこちらを行けばいけるのか?」とここ同様に遠いと思っていた「天川」が近くに感じた(実際調べると山道を延々と走るようだが)。


陀羅尼助の看板ある店


来る時も撮ったけど、帰りも撮ってしまった「陀羅尼助」、「ダラスケ丸の文字」パワー。この時までは全く知らなかったが、これで独特な名前は
僕の脳みそにはしっかり刻まれたハズ。


関連記事

Newer Entry◆ 𠮷水神社

Older Entry◆ 吉野山を折り返し、あとは野となれ 大和なれ

 

Comments
Edit
2枚目、3枚目は私が墓参りで行く大三島の風景に似てます(^-^)
EditRe: ViVid さん こんにちは
こんな風景が故郷にあるのですね、平地ばかりのこちら新潟からしたら羨ましい風景です^^

Edit
そうです桜だらけです。多分今頃毛虫だらけかと、、(笑
このあたりからだと天川は近いんですが、道がグネグネで30分ほどかかります(車で)、でも途中で黒滝ぬけて行くルートがこれまた素敵です♪
陀羅尼助、夏バテにも効きます(笑)新潟では長野の御岳百草丸をよく見かけます、あれも確かだらすけですね。
EditRe: jubeさん こんばんは
そうそう黒門前で写真を撮ってると、突然車が停まりそこから「あの門はなんですか?」と聞かれました、
そしてその人は「天川の方からやって来たんですが・・・」と、僕の頭の中では天川は奈良でも奥のイメージがあったんで
「えー、そんな所から?」と云った記憶があります。
が、30分くらいならそうでもなかったんですね。
「陀羅尼助」、字といい、読み方といい、一度知ってしまうと忘れられません、夏バテまでの効果がある、恐るべしです^^
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >