冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 富山・情景  

◆ 富山地鉄「寺田駅」と日本海の夕日

寺田駅改札口




寺田駅立山線下りホーム


富山地鉄「寺田駅」。黒部・宇奈月方面への本線に、この駅で(立山方面への)立山線と別れ「Yの字」のようになる。
駅構内はその構造に合わせて「Yの字」分かれ目あたりに一軒家のような待合室がある。
この時、改札口の先は出れなかったがちょうど向こう側に本線上りの電車が入って来た、その本線と立山線へと乗り換えで下り立山方面に行くのかホームが込みだした。


富山地鉄寺田駅




寺田駅立山線ホーム風景




富山地鉄寺田駅立山線上りホーム


でも見ていると乗客の割合が外国人らしい人と地元の人が半々くらいのようだった。
「黒部のトロッコ列車に乗った帰り、今度は立山の温泉にでも泊まるのだろうか?」と僕は想像した。そしてそうなんだよ観光は外国人が来ないと
新潟県ではあちこち僕は行っても観光の外国人の姿なんて見たことがない、、、もっとも佐渡島だったらわからないけれど。
ともかく、新潟にはない観光できるものがある富山は羨ましかった。


親不知漁港の夕日




親不知漁港


この日、富山から新潟へと海沿いの国道8号線で帰ったのだが、途中でここ「道の駅 『親不知ピアパーク』 」 で休憩がてら夕日を眺めた、
道の駅でもあり、近くには浜辺と漁港があるで、あちこちで人が海を眺め、海辺で跳ねたり、釣り、そしてこんな夕日を、カメラの収めようとする光景があった。
僕は、ここからまだまだ5、6時間掛けて帰らねばならないで、ぐずぐずとしてれないので、用をたすとすぐに移動したのだが、その後ずっと海沿いを走って帰る間あちこちで
夕日を眺めたり、カメラを向ける、寄り添うカップルだったり、一人、グループ、家族で今沈んでいく夕日を眺めている光景を見た。


関連記事

Newer Entry◆ 新緑を走る JR磐越西線三川駅

Older Entry◆ 富山地鉄本線 越中三郷駅

 

Comments
Edit
寺田駅ってYの字なんですね。1番上の写真でホームにペンキで3ホームって手書きで書いているところなんか味があっていいです。
あと、親不知の道の駅、友人の車で行ったことがあるのですが、夕日がこんなにきれいだったとは、知らなかった!!
EditRe: こばさん こんばんは
こんなスイッチバックの駅とかの二股に分かれた駅が富山地鉄にはいくつかあって
地元新潟では私鉄すらないだけ、駅、沿線と僕には「いいなあ。」があります。

親不知の夕日は、そん時の条件だと思います、秋になればもっと赤い日本海に沈む夕陽みられるかもですな。
Edit名前
「驛」の字がまだ有るのですね!
逆読み、この駅名の看板こそ残して貰いていですね。
全てが新しいのでは味気が無いですね。
EditRe: イアンさん こんばんは
たぶん旧漢字「驛」は意図的かと、新しい感があり。
建物のもここ数年前に建て直されているようで
そん時に「駅」と変えることもできたのに、
旧読みの右からの「驛田寺」は 不自然かと思いませんか(笑)

ちなみにこの前に載せた「越中三郷駅」のは建った当時からのようです。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >