冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 会津坂下のある工場の桜

廃工場の桜




会津坂下の廃工場




廃工場に咲く桜


新潟から西へ会津若松方面へ国道49号線を、走って行くとずっと山道だったのが急に開けその光景に「おー、(会津に)着いたなあ。」となる、会津盆地である。
その思った時に右に見ええるのが、この工場である。そして「いつも何の工場だあ。」気になっていた。
そして、何年目かにして、偶然目の前を通った。そこは桜が咲き見事な桜並木に車を停めて眺めていると、「ここはいつも見ていた工場かあ。」だった。
そしてそこはどうやら閉鎖されあちこち屋根、壁がなく骨組みだけの部分があった。


学校再利用された工場




会津坂下の工場




桜咲く会津坂下の工場


この日、会津地方へと「桜が咲いただろう。」と訪れたけど、ここ?ここは?と訪れる所があちこち桜の咲き具合は八分咲き、いつもは夕方ぎりぎりまでいるのだが
今日ばかりはどこへ行っても思惑通りに咲いてないので時計を見て3時くらいだけど、「期待できないそうにないので帰るか~。」だった、
でもなんか早いし帰るのはもったいのでぶらぶら普段気になった所へ行ってみようかと思って車を走らせて見つけた工場の桜。

さっきの工場とは違い、しっかり営業されいるどうだったが休日で門がしまり、当たり前に中へと入れなかったが、気になり不法侵入ぎりぎりで撮ったのだった。
桜の美しさは時々、ヤバい事もさせるのだった。

関連記事

Newer Entry◆ 5月のストック整理

Older Entry◆ 遅い春薫る柳津にて

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >