冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 白山公園

白山公園の桜




桜の白山公園




白山公園


桜を愛でる人たちであふれていた。
何年前だったか、あまりの人出で思うように前へと進めず、それに懲りてから人混みを避けて歩くようになった僕。
そしてこのさくらの日、桜の下では飲めやの酒宴、そんな光景を眺めながらも、桜、桜、と眺める人、歩く人、写真撮る人、そして桜は取り合えずおいておいてパファーマンスでもと。


ジャグリングと桜


そんな光景を僕は「りゅうとぴあ(新潟市民芸術文化会館)」の上から眺める人となったのだが、その桜とイベントが重なってか
「りゅうとぴあ」も人でごった返し、エレベーターで屋上へだったが、満員の行列、例によって待つのが嫌い、人混みの嫌いな僕は、だったら階段でと上るのが、
入口になっている2階から6階へと階段を上るのだが、4階あたりで「何で待てなかったか」と僕は後悔した。


関連記事

Newer Entry◆ JR只見線「会津柳津駅」にて

Older Entry◆ 桜の頃、恒例の寺廻り

 

Comments
Editこんにちは。
これは凄い所ですねー。
白山公園、俯瞰して見ると桜の絨毯ですね。
この桜を愛でようとする人の多い事、日本人は桜が好きなんですね。
先ず嫌いな人はいないでしょう。
素敵な絵を見せて頂きありがとうです。
EditRe: さゆうさん こんばんは
普段は桜を見下ろすのは山だったり坂とかですが
ここ「りゅうとぴあ」は屋上の空中庭園から。
桜を下からみるよりも上からなら全貌が見える、
お徳用な狙い場所ですが、上から眺めながら
その桜の下では、どんな宴会をしているのだろうかと想像も浮かんできます^^


Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >