冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 島見浜漁港で

テトラポット




島見浜漁港の砂山

海から上がったテトラポット。
カメラにハマる前、釣り場としてここ島見浜は僕のホームグラウンドだった、なのでこのテトラはかつては僕がそれに上がり釣りをしていたかものなあと思った。
釣竿からカメラに変わり島見浜に通わなくなる頃から防波堤を伸ばし、高くコンクリートを積んだ、そして漁港として整地される際に
テトラポットも
海から引き上げられたここに置いただろう、目の前のテトラポットにもしかして自分が乗って釣りしたかもなあと改めてこんな光景に親しみを感じて見えた。


漁船

海から上がった漁船。


島見浜




島見浜砂山


ここ数日、ブログの更新枚数を増やしている。
通常は3枚程度のところ、過去の経験からそれ以上増やしたところで、5枚10枚も変わらないようにるので、極力印象深いのを選んでいた。
そして一時は冬の悪天候続きで、写真ストックが底をつきそうになったが、春に近づき好天が続くと今度は撮りまくり、お陰でストックは貯まりはじめた。

そして桜が咲いたらどれだけ撮るかわからんなあと、今のうちにストック放出なのだけど、桜が咲き撮るに撮ったが今度はハンパない量になってきて
整理なのどリアル桜の季節と1週間、ともすると2週間とかなるので思ってたが、桜が開花し本日桜を求め歩き1万5千歩、それも車移動してだから
いかにあちこち撮り歩いたか、、、、、終わってみたら毎年の変わらい桜景だった、それでも整理現像などしてたらいつになることやら思うであった。

関連記事

Newer Entry◆ 埋もれた誘導標

Older Entry◆ 出雲崎 1万7千歩の日

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >