FC2ブログ

◆ 鍋茶屋通のシルエット

犬山にゃん太郎

鍋茶屋の塀の格子窓





鍋茶屋


カメラを始める前にも冬の終わり、春の始まりの雰囲気はわかってはいたどけ、カメラを持つことで改めて見直すと、「これもあったんだ。」と気づくことがある。



日差しとシルエット


冬場の影は輪郭があやふやのようだったけど、「葉っぱはこうだったんだよ。」と云わばんかりにくっきりとしたシルエットが白壁に映った。
「いいねえ。」と、こんな光景にも春を感じてくる。



そしてそろそろ 桜のうわさが聞えてくるだろうか。



関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 0

There are no comments yet.