冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 白山神社の「御稲御倉」的目線

白山神社の楼門




絵馬と御稲御倉(みしねみくら)


白山神社には何度来ているかわからないが、絵馬を撮っていたら向こうに見える注連縄と紙垂で囲まれた石が気になった、こんなのがあったっけ?だった。
その後ろには御社がある、近づいて見ると「御稲御倉」と説明札、こちらはあまり出入しないので見えていても見てなかったのかもなあと、
改めてしげしげと眺めていると「後から撮ったらいいでね?」と頭に浮かんだ。


御稲御倉からの本殿前眺め




本殿の梅



関係ないけれど、本殿の梅を少し離れて眺めたり撮っていると、そんな僕の視線というか視界にすーと入ってきて、その人は撮るのに夢中になり中々動かない、
もっとも僕のことはまったく気づいてないのかもしれないし、また気づいていても僕の「専用の梅」ではないので文句を云える立場ではない、
だから自然の態度云えば自然で問題はないのだけど。

僕はちょっと立って待っていたけど仕方なく角度を変え、撮影の段になると、女性が僕のそんな視線が気になったのか一旦前に進んだと思うと頭を下げて下がった。
僕はかえって恐縮して「どうぞ、ぞうぞ。」と手を差し伸べるのだったが、そんな女性の気遣いというか優しさに、そこが神社だけに、その人には「願い事」が
叶ってくれたらいいなあと思うのだった。

関連記事

Newer Entry◆ 白山神社で

Older Entry◆ 白山公園の梅が咲いて

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >