冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 白山神社で

白山神社の巫女さん




白山神社裏の神社


「おかもち」を下げた巫女さんがいた、何を運んでいるのだろうと思っていたら境内にあちこちにある末社の賽銭を集めていた。
その集金場面を後で見たら不敬な云い方だけど、「なるほどなあ」と納得しつつ郵便屋さんが赤いポストから手紙類を袋に詰めるている光景を思い出した。

しかし、違ったのが後で巫女さん手を合せて参拝する時に所作だった。

手水舎で、ちょってね。


お辞儀と手の叩き方が 「なるほど神職だなあ。」と納得するような、そこらの一般人の参拝の光景とは、ひと味ふた味も違い無駄なくスマートに礼と拍手、
その拍手する時の手の合わせる角度もカッコよく、そして「パ、パン!」やるのである、見てるこちら側まで気持ち良くさせた。
こうやればカッコいい参拝者になるのかと、僕の目にその模様、所作を焼き付けたのだった。


関連記事

Newer Entry◆ キリンは見ていた

Older Entry◆ 白山神社の「御稲御倉」的目線

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >