冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ 福島潟雪景

福島潟の雪景




雪の北区福島潟




青空とつらら


ボートの手前で写真を撮り、雪をかきわけながら”厄介だなあ。”と思いつつ、また雪に足をとられるようになって「おっと、と、と!」とつぶやきつつ尻もちをつき、
「雪のバカヤロー!」と叫んだ後に「もう 帰ろう。」と退散するように歩いているとオジサンが僕に声をかけてきた。
「あの黒くて小さい鳥は何て云うのでしょうねえ?」だった。


ボート


雪でカッカしていた僕にそんなことを聞かれも、正常に返事の出来ない精神状態。
そして僕は、「すいません、まったく分かりません。」と答え、改めてオジサンの風貌を見るとカメラではなく双眼鏡をぶら下げていた「バーダーだった」。
雪に風景を撮りに来て、雪に辟易して帰ろうとしている僕にはそんな鳥なんて余裕はその時にはなかったのだ。
そんなのがいたか?と改めて周りを見たがそんな鳥は見えなかった。

それよりも、改めてどこのオジサンか知らないけれど、大変申し訳なかったと後で反省のしたのだった。
関連記事

Newer Entry◆ カモの飛ぶ日

Older Entry◆ 白い季節の福島潟

 

Comments
Edit
さすが雪国!!  という風景ですね。
寒そうだけど、大好きな風景です^^
にゃん太郎さんが雪を踏むキュッキュッという音が聞こえてきそうです。

一瞬の青空が、また美しい!!
…生活しておられる方々にとっては、厄介な雪なんでしょうけど。
Edit
コメントありがとうございました。

上の2枚、、、(油絵)のような作品ですね~。
無駄な色が無くて、、、淋しいような、懐かしいような。。。見慣れた風景です。

2月の生まれのせいか、、冬が、雪が好きなんですねぇ。。

EditRe: ta-raさん こんばんは
新潟市の場合ですが、雪国となってますが、この所東京の方が雪が多い時もあります(笑)
なのでこちらでもこんな光景はシーズンに一度くらいです。

もっとも季節を通せば積雪量は同じなのですが、
太平洋と日本海側のお天気は真逆、日本海側で大雪なら太平洋側は晴れ、
太平洋側が大雪だったりすると、日本海側は良い天気だったりしてます。
それを異常気象っていうでしょうか。
ともかく、こちらの人間は降らない方が絶対にいいのですが、それだけに
太陽と青空が見れる手を合わせたくなるようにウレシイです。
EditRe: アイハートさん こんばんは
雪好きなんですか、ハイハートさんは前向きな方なのかもしれませんね。
僕は10月に白鳥が飛来してきた光景を見ただけでも
「冬が来たかあ。」と落胆であります。
第一に、どんよりした鉛色の空が続く、太陽に青空の日が極端に減って
太陽が見たいと思っても中々に見れない雪の冬が、嫌いですわ。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >