冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◆ カモの飛ぶ日

雁が飛ぶ




つらら


雪の日、福島潟へそして駐車場に到着して車を降りて「ビュー福島潟」を見上げていると空から「クエ、クエ!」と聞こえてきた。
見上げるとカモだった、そしていつも見ているよりも飛ぶ姿が美しく見えた。
「かもーん!」と僕は呼んだが来なった、それはカモでなく雁なのかもしれない、まあ鳥の名前なんてどうでもいいやである。

福島潟潟来亭


この日、あるオジサンに「あの黒い小さな鳥は何と云うのでしょう?」と聞かれた、その時は雪にイラついていた僕はつっけんどんに
「まったくわかりません。」と答えたが、それ時から改めて鳥へ目をやると、いつも見ていた白鳥、サギが羽ばたいて飛んでいる姿が、実に美しく見えた。
それは白い羽根が雪の白さで、いっそう白くなったようなだった。

いつもは「なんだ、サギかあ。」、田んぼにいる白鳥を見ても「白鳥がいるなあ。」程度だったが、雪の上を羽ばたくその姿はいつもの白さよりも
白が映え光っていた。
「こんなに美しかったんだ。」と改めて、みんなが白鳥、白鳥と騒ぐ訳がわかったように思えた(強調=白い雪の上をと飛んでいる姿に)。


関連記事

Newer Entry◆ ある日曜日の冬景

Older Entry◆ 福島潟雪景

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >