冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◆ 砂上のボート

日和山浜




砂上のボート




防砂ネットと日和山海岸


僕の日課のウォーキングは約1時間、空は写真的に全く期待できない思い曇り空なので撮り歩きはあきらめ、だったらウォーキンフしながら近場でも
「カメラをぶら下げて歩けばいいじゃん。」と空の雲とその動きを見ながら歩いていたのだったが、パラバラと雨が当たり始めた、
やっぱり神はいないのか空を見上げた。


そして暗くなり始めた道を帰途を急ぐと、信号のない十字路を渡ろうとすると原付バイクがやってきた。
歩行者(僕)が横断しているので原付は止まるだろうと思っていたら歩行者の僕を無視して一時停止もせず”交差点を左折していった。”。
おまけにヘルメットもしていない、長岡ナンバーだった。そしてその進む行き先を見るとセブンイレブン、僕も買い物があったので入ると、彼は”いた!”。
なんと雑誌をひとり立読みしていた。

「おいおい。」てっきりパターンとして原付、一時停止せず、ノーヘル、そして”若い”、おまけにバイクナンバーも地元の新潟でなく長岡ってことで
学生さんかと想像し、そして休日の夕刻だったので、友達がアパートにでも遊びに来て宴会の買い出しかと僕の想像だったが、”立ち読みだ~!”と

一時間ともたないパラパラと当たった雨の腹立たしさと彼の立ち読みの光景に腹が立ち、「僕はお前のお陰で車に轢かれそうになったんだぞ!」と
近づき殴りけり始める僕を想像した、実際の僕にはニラむのがせいぜい、それも彼が雑誌に夢中になっているからだった。


関連記事

Newer Entry◆ 何度目かの「あまロス」になる

Older Entry◆ 瓦礫の風景

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >