冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◆ ある日、冬の日本海

怒涛




荒れる日本海




怪物に変わる海




カモメも飛ぶ荒波時


こんな日は、北の漁場状態。
カモメだかウミネコは空中を舞い、怒涛の波の勢いで海中から押し出される獲物を狙っているようで時折シューと波の上に降りた。
そんな荒海を飛ぶ光景を僕は見ては「かっけー!」と感じつつ今度生まれたらカモメかウミネコ、出来たら尻尾の白い方がいいのでカモメだなと思うである。
そして、望遠レンズだったと忘れたことを後悔するのだった。

冬は基本的に嫌いなのだが、この光景だけは別。
もっと近場まで寄って見れたらと思うだが、この辺が限界。波はここまで来ないだろうと、足場は濡れてない所に立つが、あくまでもそれは人間予想、
自然は人間の計り知れるものでない、「ここでいいだろう。」と思っていてもドシャ―と波が掛からいのも限らない。

ともかくも、日本海の冬はまだまだ。


関連記事

Newer Entry◆ 瓦礫の風景

Older Entry◆ 日本海、カモメの舞う日

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >