FC2ブログ

◇ 浜辺で、ある写真家を思う

犬山にゃん太郎

砂浜の電柱




時には、、、風に


こんな浜辺を歩きながら、ある写真家を思った。新潟にはその”鳥取砂丘”みたいなのはないけれど、気軽に行けるこんな浜辺があちこちあるのだから
「良し。」とせねばある。

そして、ここで傘を差した女性が立っていてくれたら、シルクハットの紳士が砂浜に立っていてくれたら、子供が”気をつけ”をして立っていてくれたらと思うのだが、
二番煎じのような真似もしたいのだが、、、、、と、思って見て拡大してよく見ると 僕は笑った 「いた!」。


拡大




太夫浜


Happy holiday!

本日の夢で、
ニューヨークのライブハウスへ行った。さすがのアメリカン風景に興奮しつつ写真を撮りたかったがライブハウス内はどうも撮影禁止のようだった、
アメリカにまで来て撮れないなんて、だったらトイレくらいは良いだろうと行くとおっかなそげな雰囲気はあったが壁一面の落書きに
「やっぱりアメリカだ~」とカメラを向けて撮っていると、後ろから「ここは撮影禁止だ」と云われ「えー!」でショックと共に目が覚めた。

しかし、リアルにはニューヨークのライブハウスどころかアメリカさえ行った事がないのに夢でアメリカ出てくるなんて、英語で注意されたのか記憶にないが
しっかり理解できた、夢ってすげえ便利でしかしあのトイレの光景良かったのになあ。

関連記事
Posted by犬山にゃん太郎

Comments 2

There are no comments yet.
夢旅人
日本海は・・・

”にゃん太郎” さん、おはよう!! 久しぶりのコメントですが、セピア調の新潟の海岸風景。 日本海の厳しさが伺えて見ていても寒々しい感じが滲み出ている。 そんなどんよりとした日本海、好きです。

  • 2016/12/25 (Sun) 10:08
  • REPLY
犬山にゃん太郎
Re: 夢旅人さん こんにちは

お久しぶりです、こちらこそいつも読み逃げで失礼してます(^^ゞ

太平洋と日本海の違い、そして海の思い感じ方は人それぞですね。
これはまだまだ冬の始まり、なのでさして寒くもなく穏やかな方の冬の日本海風景です。
立っているだけで寒さで涙が出てくる、カメラを構える体が吹っ飛ばされそうになるような
本当に厳しい日本海はこれからです、しかしあの寒さと強風の感覚を味わうと穏やかな海には物足りなくなりますわ(笑)