冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 情景・モノクロ  

◇ 白山公園の池 

白山公園の池




中央区白山




水面


毎度、毎回、何でもそうだが 撮影で ”ジャスト・イン・タイム”は難しい、むしろそれが当り前なのだろうが。
今年は白山公園に紅葉はどうだろう2度も通って「スカ」と「三等賞」のようだった。
巧い人なら、あえて「スカ」も、「三等賞」も一等は無理でも「二等」くらいに生かすのかもしれないが、僕は気分屋で、肝っ玉は小さい人間である。


白山公園


リアルの週末土曜日は、冬の鉛色の空。
そうなるとどうも写欲ってのが沸いてこないが、シャッター押す右人差し指が「シャッター押したい!」と禁断症状が起きてくる。
「この空ではなあ。」と、気乗りはしないがあえて雪の積もった山の寺、五泉の慈光寺へ行った。
例により杉並の参道の入口にはイラスト付きの「熊注意」の看板に目が行く、何度も通っていて熊には幸い出会ったことはないけど、
「この辺かなあ?」とカメラを構えると 「ゴソ!」、とか「ドシャ!」とか後ろの方で聞えた、肝の小さい僕はびっくりして後を振り返った。
しかしそれは杉並木の枝に積もった雪が解けて地面に落ちる音なのだろうと、わかっていても、それでも重い音で「ゴソ!」音がすれば”もしや”と振り返った。

そして参道で僕は今日もビクつきながらカメラを向けるのだったが、こんなお天気なので誰もいない慈光寺の堂内で「ゴソ!」と音がした時ばかりはちょっと
背中に走るものを感じた。

関連記事

Newer Entry◇ 冬晴れの太夫浜

Older Entry◇ 白山公園の紅葉

 

Comments
Edit
おはようございます。
1枚目の画にいたく興味が注がれ、暫く眺めていましたが、素晴らしい画ですね。
気に入りました。
EditRe:さゆうさん こんにちは
光量不足でちょっとメリハリが足りないのですが、
待っていてもお天気は回復見込みなし、刻々と変わる紅葉を追うようにして
「ま、いいか。」と移動、、、、たぶんどこかでリベンジするかと思いますわ (#^^#)
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >