冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ 異人池の砂丘館

砂丘館応接・喫茶室




砂丘館窓


何度目だろう、初めて時は「誰かの邸宅?」と塀の外から中をびくびくとのぞくだけだった。
いつしか、建物は開放された誰でも中を見れるのを知ってから、何度も入っているが、そのたびに初めて来た時のことを思い出す。
しかし、たぶんカメラが趣味となっていなかったら、まだこの砂丘館(旧日本銀行新潟支店長役宅)に入っていないかもしれない。


砂丘館廊下




砂丘館階段


風邪なのかインフルエンザなのか、治ったかと思えばまた鼻づまり、咳、そんな繰り返しで完治しない。
そんな中、歯医者治療に行った、歯をグイーン、グイーンと削りながら、シュバー、シューバー、シューと吸引器が音を出して口の中をバキュームする。

それは歯科医では治療として当たり前なのだが、僕は鼻がつまりで口だけの呼吸、そこを治療で開けた口に、シュバー、シューバー、シューと吸引器すると、
同時に口の中の空気まで吸った、当然僕は息が出来なくなり、「うぅー。苦しい!」と頭の中で唸りながら、そして僕はひょっとして歯科医で息が出来なくなり
窒息で死ぬのではないか、ただ鼻がつまっているだけなのに。 そんなことを考えてつつもがくように大きく鼻で息を吸うとどうにかなるものである。
つまっていた鼻がその時ばかり、開通し僕は息返るのだった。


関連記事

Newer Entry◇ 新潟大神宮から異人池

Older Entry◇ 砂丘館ギャラリー前

 

Comments
Edit
鼻づまりの時の歯医者、恐怖ですね~。
昔 煙草を吸ってる時ならさらに・・・(笑)
尾道へのコメントありがとうございます。
私の場合は映画「時をかける少女」が好きだったので、どこかで見た風景として頭にすりこまれているのですね。
EditRe: VIVIDさん こんばんは
マジに、歯科医で窒息するんじゃないかと思いました。
VIVIDさんもお気を付け下さい、今年の風邪はシツコイです、ぐずぐずして中々に治らない。
治ったかと思えば、また症状がです、、、冬が始まったばかりですが、
まだまだ歯科医で窒息死しないためにも早く春になってほしいです(笑)

映画、ドラマに出てくる風景はしっかりロケーション地としてされていることが多い。
普段の風景だって全部が良い訳でない、惹きつける風景ってのがありますね。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >