冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋温泉を行ったり来たりも、そろそろ。

赤ちょうちんと温泉まんぢう




射的のある風景


大して広いエリアじゃないけど、温泉につかる訳でもないけどれ僕には魅惑の渋温泉だった。
ここ渋温泉についたのは午後1時過ぎ、それからここ歩きまわり気がつくと温泉の通りにさす日差しは、「そろそろか。」と思わせた。


おみやげ処のある通風景




陶器屋のある通


そして午前中にここまで走って来た行路を振り返ると、「あ~またあそこを通って帰るのか。」とあちこちの光景が浮かび、まだ余裕を残して
打ち止めの覚悟を決めるのだった。
が、、、そこでもうちょっと欲張るのも、そこはオレだった。


横湯川と渋温泉




真田丸


ここにもいた六文銭 「やっぱり猿かあ。」と、大河ドラマの威力は凄い、夏には長野駅で六文銭の大提灯、街を歩けば「真田丸」ポスター、
しかしなんでここまで凝ったら、「しぶざるくん 真田丸に出陣でござる」とダジャレなかったんど思う僕だった。


関連記事

Newer Entry◇ 長野旅 渋温泉 安代大湯あたり

Older Entry◇ 長野旅 渋 路地でどれにしようかと行先に迷う

 

Comments
Edit
温泉街の路地も日が傾き始めたころが似合いますね。
尾道での撮影ももう少し粘れば良かったかな。(笑)
EditRe: VIVIDさん こんばんは
近ければ、または宿泊とならのんびりと夕景も味わえたんですが
ここから6時間の運転、もっといたいやら、運転していくのも大変やらで複雑な気分でした。
でも、これだけの光景を撮らせてもらって 万々歳でした(*'▽')
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >